1日1つ覚える英語勉強ブログ

ニューヨークでの離婚とセブ留学をきっかけに始めた英語勉強ブログ



2018/05/16

副詞の使い方って難しいね!副詞の特徴を3つのルールから覚えよう

I had a party last night.(昨夜パーティーをしました)

早速ですが、上の例文のどこが副詞かわかりますか?正解は「last night(副詞)」が「had(動詞)」を修飾していますと言っても自分も含めて「?」となると思いますので、まず副詞の意味を調べると、、

副詞(ADVERBS)とは、形容詞と同じく、修飾する役割を持つ言葉です。 形容詞は名詞を修飾するのに対して、副詞は形容詞や動詞などを修飾します。http://fromexperience.info/


つまり、副詞は形容詞や動詞などを修飾するということです。

正直ここまで読んでも「?」な人も多いはず。なので、今日は副詞を理解する上で副詞が理解できる3つの特徴紹介します。

  • 1:語句の意味を限定する副詞
  • 2:語句に説明を加える副詞
  • 3:文章全体に意味を付加する副詞

この3つの副詞の特徴を掴むと副詞の苦手意識が減りますので、是非読んでください。

1:語句の意味を限定する副詞

Kei
He is very cool.(彼とてもイケてるね)

上の例文だと「イケてる(cool)」という漠然としたイメージになりますが、「とてもイケてる(very cool)」という風に「とても(very)」とつけることでイメージ内で限定をしています。このように「語句の意味を限定」する副詞はよく会話使われますので「名詞」ではなく、「形容詞」や「動詞」を修飾してる「語句の意味を限定」している単語があったら副詞と考えて問題ないです。

時をあらわす副詞にも前置詞は不要

⚪︎ It’s very hot today.(今日は暑い)
× It’s very hot on today.(間違い)


上の例文では「today(今日)」などの時を表す単語は副詞の場合が多く、「today(今日)」以外にも「tomorrow(明日)」や「yesterday(昨日)、「tonight(今夜)」などもそうです。

また副詞を2回連続で使う「last year(去年)」「this morning(今朝)」などの「副詞句」の場合も同じです。

⚪︎ I woke up at 5 this morning.(今朝5時に起きた)
× I woke up at 5 in this morning.(間違い)


なので、「時をあらわす副詞」が出てきたら前置詞は不必要と覚えておきましょう。

2:語句に説明を加える副詞

Kei
I’m going around in stores(店を歩き回ってる)

上の例文だと「歩く(go)」という動詞に語句に説明を加える「周りを(around)」の副詞が修飾されて「歩き回る(go around)」の形ができています。もし、副詞の「around」がない場合は、

I’m going around the store(店の周りを歩いてる)

上の例文のように全く意味が異なる文章ができてしまいますので、注意ください。

名詞に見える福祉に注意

Kei
I played soccer in the park.(公園でサッカーをしました)

上の例文は副詞がないように見えますが、実は「in the park」が「プレイした(played) 」の場所を表す修飾する副詞で使われています。

ぱっと見、前置詞の「in」があるので副詞に見えませんが、「in the park」で1つの副詞になっています。

3:文章全体に意味を付加する副詞

Kei
Honestly,I can’t say what I want to say.(正直なところ、言いたいことが言えないんだ)

最後の副詞の3つ目の使い方は文章全体に意味を付加する際に使われます。上の例文だと「言いたいことが言えない(I can’t say what I want to say)」ということに対して、「正直なところ(honestly)」が修飾されています。

Actually, I’ve lived in NYC for 3 years.(実際、ニューヨークに3年間住んでるからね)

上の場合は「実際(Actually)」が副詞として「文章から独立して、文章全体を修飾する副詞」として使われていますが、この文頭に使われる副詞の多くの場合「~ly」の副詞の形が取られており、

  • Frequently(頻繁に)
  • Frankly(はっきり言って)
  • Really(本当に)

これらの副詞から「ly」を取ると形容詞になります。

副詞の意味を持つ名詞一覧

⚪︎ I go home(家に行く)
× I go to home(文として不成立)


英語が苦手な方の多くが「家に行く」というと前置詞「to」と「行く(go)」を組み合わせた「go to(に行く)」と使いますが、もし友達の家に行く場合などは「I go to my friend’s home」と前置詞の「to」が使えますが、自分の家の「home」を指す場合は「home」という単語だけで副詞の意味を含む「(自分の)家へ、家に」という意味を持っています。

これは「home」だけではなく、

  • ・here(ここへ、ここに)
  • ・there(そこへ、そこに)
  • ・abroad(海外へ、海外に)
  • ・oberseas(海外へ、海外に)
  • ・upstairs/downstairs(上or下の階へ、上or下の階に)
  • ・downtown(繁華街へ、繁華街に)
  • ・somewhere(どこか)
  • ・anywhere(どこでも)

これらの名詞には副詞の意味も含まれていますので、よく使う名詞だからこそ使う際にはご注意ください。


海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。

中学生英語日記と添削でスキルアップ!

毎日中学生英語を使って自分の言葉を書いて、それを「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」で紹介したコスパが一番良いオンライン英会話ネイティブキャンプで毎日添削してもらっています!一番英語力伸びると言っても過言ではないですよ!


最近ハマってる英語教材...

ネイティブキャンプ

レビューを読む

カテゴリ一覧

人気投稿

  • 「be going to」の後に続く動詞が「go」の時は後ろの単語に注意


    続きを読む

  • 「少なくとも」と言いたいときに使えるを「at least」の使い方


    続きを読む

  • 基礎中の基礎!人称代名詞の使い方を再度しっかり覚えよう


    続きを読む

  • 「Would」の6つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む