1日1つ覚える英語勉強ブログ

ニューヨークでの離婚とセブ留学をきっかけに始めた英語勉強ブログ



2018/05/28

混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け

先日英語の日記を書いていて「…するのは〜です」という文章を作りたいと思ったときに「It…to構文」を使うのは調べてわかったのですが、「It…to構文」と一緒に検索で出て来た「It…that構文」の使い方との使い分け方に混乱したので、2つの使い分けについて今日は説明します。

  • 1:「It…to構文(…するのは〜です)」
  • 2:「It…that構文(…なのは〜です)」

この2つともItはto/that以下を表しているというところにポイントがあり、この「It」は「形だけの主語」といい、本当の主語はto/that以下の文章になります。

It is easy to get a sneaker in NY(ニューヨークでスニーカーを手に入れるのは簡単です)

上の例文でも「it」は「to get a sneaker in NY」のことを表しており、この「it」を形だけの主語「形式主語」と言います。実際に日常会話でも、

It is fine today.(今日はいい天気です)

上の例文の「it」も「形式主語」になり、このように自然と「形式主語」の「it」を多くの人が使っています。

では、実際に「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け方を紹介します。

1:「It…to構文(…するのは〜です)」

It is difficult to speak English.(英語を話すのは難しいです)

先ほども書いたように上の例文の「it」も「形式主語」なので「to speak English」のことを指し、この「It…to構文」の場合の見分け方は「to」以降に置かれる文に対する「難易度」を示すときに使われます。

なので、「It…to構文」で使われる形容詞は、

  • ・easy(簡単)
  • ・difficult(難しい)
  • ・dangerous(危険)

などの形容詞が使われます。

また、

  • It…for A to〜(…することはAにとって〜です)
  • It…of A to〜(…するとはAは〜です)

という形で使われることもあります。使い方としては、

It was easy for her to talk to.(彼女にとって話をするのは簡単だった)

It’s kind of you to lend me your money.(お金を貸してくれるとは、優しい人だ)

この「for」と「of」の使い分けとしては、主語になる人の性質や態度を表す時は「of」を使い、それ以外の時は「for」を使います。上の「of」を使った例文は「優しい人」という人の態度を表しているので「of」が使われています。

2:「It…that構文(…なのは〜です)」

It’s true that he can speak English.(彼が英語が話せるのは本当です)

「It…that構文」の見分け方は「it」と「that」の間に入る形容詞が「客観的に事実の真偽を述べる言葉」が入るときに使われることが多いです。

  • ・apparent(明らかに)
  • ・clear(はっきり)
  • ・likely(おそらく)

ここで少し難しいのが同じ形容詞を使っていても「It…that構文」でも「It…to構文」でも使える場合が存在します。例えば、

1:It is difficult for him to speak English
2:It is difficult that he speak English.


上の2つの文章はそれぞれ「It…that構文」と「It…to構文」ですが、(1)の場合「to speak」の前に「for+人」を入れることで「to speak」をする動作主を表しています。それにより2つの例文が同じ意味になります。

また「it」を強調したいときにも「It…that構文」は以下のように使われます。

It was this sneaker that he was put on yesterday(昨日履いてたスニーカーはこのスニーカーでした)

上の例文では、「昨日履いてたスニーカー」に対して「it」部分の「this sneaker」を強調しています。

「仮定の話」は「It…to構文」、「現実の話」は「It…that構文」

今までは形容詞によって「It…to構文」と「It…that構文」を使い分けましょうという説明でしたが、他にも「仮定の話」か「現実の話」かによって使い分けも可能です。

例えば先ほども例文で使った、

It is difficult to speak English.(英語を話すのは難しいです)

の場合は「もし英語を話すとすれば、それは難しい」と仮定の話をしていますが、

It’s true that he can speak English.(彼が英語が話せるのは本当です)

の場合は「彼は英語を話せる」と現実の話をしています。なので、「It is clear to speak English」は「clear(はっきり)」という意味なので「英語を話すのは明らかだ」という意味がよくわからない英文になってしまいます。

この「It…to構文」と「It…that構文」は日常会話でもよく使うからこそ違いをしっかり理解しておきましょう。


海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。

中学生英語日記と添削でスキルアップ!

毎日中学生英語を使って自分の言葉を書いて、それを「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」で紹介したコスパが一番良いオンライン英会話ネイティブキャンプで毎日添削してもらっています!一番英語力伸びると言っても過言ではないですよ!


最近ハマってる英語教材...

ネイティブキャンプ

レビューを読む

カテゴリ一覧

人気投稿

  • 「be going to」の後に続く動詞が「go」の時は後ろの単語に注意


    続きを読む

  • 「少なくとも」と言いたいときに使えるを「at least」の使い方


    続きを読む

  • 基礎中の基礎!人称代名詞の使い方を再度しっかり覚えよう


    続きを読む

  • 「Would」の6つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む