中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

忙しい社会人でも3ヶ月で「英語嫌い」が治る英語勉強法



2019/04/11

海外ドラマ「Friends(フレンズ)」の動画から英会話をマスターしよう(1話目)

Amazonで販売中




英会話の勉強で使われる海外ドラマ「Friends(フレンズ)」とは?



Friends(フレンズ)は1994年から2004年までアメリカで放送された、英語のリスニング教材としておそらく世界一有名な海外ドラマとして知られている海外ドラマです。

英語の勉強ツールとして世界一有名な海外ドラマと言われるのは東洋する「単語」が中学生で習う単語が多く、基礎英文法がわかれば理解できます。他の映画だとスラングや日常会話では使わない英会話フレーズが多いですが、海外ドラマ「Friends(フレンズ)」では日常会話で普通に使うフレーズが使われているのでコピーするだけであしたから使えるようになります。


では、海外ドラマ「Friends(フレンズ)」の1話目で使われている英会話フレーズの中で自分が注目した会話を紹介します。



海外ドラマ「Friends(フレンズ)」の1話目で使われている英会話フレーズ


1話目で登場する英会話フレーズの中で個人的に興味を持った部分を紹介します。

「Gotta(~しなければならない)」

先生
Come on! You’re going out with a guy.There’s gotta be something wrong with him.
(嘘つくなよ!お前が付き合うんだから、何か訳ありなんだろ)


初めのシーンで「gotta」という省略が使われていますが、これは「have got to(〜しなければならない)」の省略形になります。

Kei
I gotta go.
(行かなきゃならない。)

この「gotta」は自分の行動を人に言う時に使いフレーズで「I have to go」も同じ意味で使われるカジュアルな表現です。

Kei
You gotta do it.
(それをしなければダメ。)

他にも親しい友達に何かするようにお願いに使うとき場合や、

Kei
You gotta listen to me.
(俺の話聞けよ。)

最後に「〜しなければならない」と言いたい時はが助動詞「must」や「should」、「have to」などと同じように使うことができます。



海外ドラマ「Friends(フレンズ)」の1話目全文翻訳



※ 映画「Friends(フレンズ)」の英語文と日本語訳を用意しましたので、もし映画で使われている英会話フレーズから英語を勉強をしたい方は下の「全文翻訳」から確認できます。

Monica:There’s nothing to tell.It’s just some guy I work with.
(何もいうことはないわ、ただの職場の同僚の男よ)

Joey:Come on! You’re going out with a guy.There’s gotta(have got to) be something wrong with him.
(嘘つくなよ!お前が付き合うんだから、何か訳ありなんだろ)

Chandler:So does he have a hump and hair piece?
(もし年取って、カツラでもつけている中年野郎じゃないの?)

Phoebe:Wait!Does he eat chalk? Because I don’t want her to go through what I went through with Carl.
(ちょっと待って、その人チョークとか食べる?だって、カールでした経験を繰り返して欲しくないじゃん)

Monica:Okay,everybody relax.This is not even a date.It’s just two people going out to dinner and not having sex.
(みんな、リラックスしてよ!今回のデートも何もないよ、ただ2人が一緒に夕食に行くだけで、セックスはなしよ)

Chandler:Sounds like a date to me.
(それをデートって言うんだろ)

Chandler: Alright. So back in my high school, I am standing in the middle of the cafeteria, and I realize I’m totally naked.
(よし、それ(チャンドラーが見た夢)は高校時代に戻ってて、俺は喫茶店の真ん中で突っ立ってた。そこで気づいたことは、自分が素っ裸だったんだ)

Monica: I’ve had that dream.
(私もそんなの見たことあるわ)

Chandler: Then I looked down and I realize there is a phone…there.
(で、下を見ると電話があったんだ、、、、アソコに)

Joey: Instead of….
(アレの代わりに?)

Chandler: That’s right!
(その通り!)

Joey: That one, I’ve never had.
(そんなのは見たこと無いなぁ)

Chandler: All of the sudden, the phone starts to ring. And it turns out it’s my mother. Which is very very weird, because she never calls me.
(そこで急にその電話が鳴り出したんだ。出るとそれが俺のオカンなんだよ。本当に変な夢だよ。だって、、、オカン滅多に電話なんてしてこないもん。)

— シーン変わる —

Ross: Hi.
(どうも)

Joey:This guy says “hello”,I wanna kill myself.
(こいつが挨拶するだけで、死にたくなるよ)

Monica:You okay?seetie?
(兄貴?大丈夫?)

Ross:I just feel like someone reached my throat,grabbed my small intestine,
pukked it out of my mouth and tied it around my neck.

(誰かが、喉から手ぇ突っ込んで、内臓を口から引っ張り出して、それを俺の首に巻かれたような気分だ。)

Chandler: Cookie?
(クッキーいる?)

Monica:Carol moved her stuff out today.Let me get you some coffeえ.
(キャロル(ロスの元妻)が荷物まとめて出て行ったんだ。コーヒー頼んでくる。)

Ross: Thanks.
(どうも)

Phoebe: Uh, Ah…
(うわ、、、)

Ross:Oh,no,don’t! Stop cleansing my aura.Just leave my aura alone,okay?I’ll be fine.Alright?Really everyone,I hope she’ll be very happy.
(やめろ!俺のオーラを浄化するな!ほっといてくれって、な?俺は大丈夫、本当に。皆よ、俺はあい((キャロル)の幸せを祈るよ)

Monica:No.you don’t.
(ううん、嘘だね)

Ross:No,I don’t,To hell with her.She left me.
(あ、嘘だよ。あいつめ、地獄に落ちろ!俺を捨てやがって)

Joey:And you never knew she was a lesbian.
(お前、キャロルがレズって知らなかったのか?)

Ross:No!Okay? Why does everyone keep fixating on that? She didn’t know.How should I know?
(知るか!なんでそれにこだわる?彼女も知らないなら俺が知るわけないだろう)

Chandler: Sometimes I wish I was a lesbian. Did I say that out loud?
(時々自分がレズだったらいいな~って…俺、声に出して言っちゃった?)

Joey: Alright, Ross. Look, you’re feeling a lot of pain right now. You’re angry. You’re hurting. Can I tell you what the answer is? Strip joints! Come on, you’re single. Have some hormones.
(なぁ、ロス。今お前は苦痛と怒りで、傷ついてる。どうしたら良いか分かるか?ストリップ参加だよ!考えてみろ!もう独身なんだ。少しホルモンでも吸って来い)

Ross: See, but I don’t want to be single okay? I just want to be married again.
(でも、俺は独身が嫌なんだ。ただ既婚でいたいんだよ)

Chandler: I just want a million dollars!
((ロスが嫁さんなら)俺には百万ドルをくれ!)

Monica: Rachel?
(レイチェル?)

Rachel: Oh, God, Monica! Hi, thank God! I just went to your building and you weren’t there. And this guy with a big hammer said that you might be here and you are. You are.
(あ、モニカ!神様ありがとう!モニカの家に行ったんだけど、いなくて。大きなハンマーを持った人が、ここに来たらモニカに会えるかもって。で、やっと会えた。会えたわ)

A clerk girl: Can I get you some coffee?
(コーヒー注文されますか?)

Monica: Decaf. Okay, everybody. This is Rachel, another Lincoln High Survivor. This is everybody. Chandler, Phoebe and Joey. And you remember my brother, Ross?
(カフェイン抜きで。じゃ皆、彼女はレイチェル。リンカーン高校の生き残りの一人。ここの皆は、チャンドラー、フィービー、ジョーイ、で私の兄貴覚えてる?ロスよ。)

Rachel: Sure!
(もちろん!)

Ross: Hey.
(どうも)

Monica: So you want to tell us now, or are we waiting for four wet bridesmaids?
(で、今話したいの?それか(あんたみたいに)濡れたブライドメイドも来るのを待つ?)

Rachel: Oh God. Well, it started about a half hour before the wedding. I was in this room. And I was keeping all the presents. And I was looking at this gravy boat. This really gorgeous Limoges gravy boat. When all of a sudden, Sweet’n Low? I realize. I realized I was more turned on by this gravy boat than by Barry. And then I really freaked out. And that’s when it hit me. How much Barry looks like Mr. Potato Head. You know, I mean, I always knew he looked familier but…Anyway, I had just to get out of there, and I started wondering “Why am I doing this?” and “Who am I doing this for?”. So anyway, I didn’t know where to go, and I know you and I kind of just drifted apart. But you’re the only person I know in the city.
(あぁ…もう。全ては結婚式の半時間前に始まったの。私はある部屋でプレゼントを開けてて、綺麗なグレイビーボートを見ていたの。本当に豪華なリモージュのやつ。で、急に…甘味料?気づいたのが、そのグレイビーボートにもっと気持ちが惹かれるのが分かったの。バリー(夫になる人物)よりも。で、本当にパニックになっちゃって。そこで衝撃だったのが、バリーがMr. Potato Headに良く似てるって思っちゃったの。ずっと、何かに似てるなぁ~て思ってたんだけど…ま、とにかく式場から出ないとって思って。「何やってるの、私?」「誰のためにやってるの?」って思い出して。ま、それは良いわね。とにかく、どこに行けばいいか分からなくて、モニカと私は最近連絡とってなかったけど、市内でモニカしか知ってる人がいなくて)

Monica: Who wasn’t invited to the wedding.
(そのモニカは、式に呼ばれなかったんだけど)

Rachel: I was kind of hoping that wouldn’t be an issue.
(それは、言わないで欲しかったわ。)

— シーン変わる —

Monica: I’m guessing that he bought her the big pipe organ and she’s really not happy about it.
(多分、男の方が大きいパイプオルガンを買って、それが女の気にさわったんだと思う。)

Rachel: Daddy, I just, I can’t marry him. I’m sorry. I just don’t love him. Well, it matters to me!
(父さん、彼とは結婚できないわ。ごめん、でも好きじゃないのよ。え?私にとっては大問題よ!)

Chandler: Woo… She should not be wearing those pants.
(うわ、そのズボンは、履いちゃダメだろ)

Joey: I say push her down the stairs.
(俺に言わせりゃ「突き落とせ」だな)

Everyone: Push her down the stairs! Push her down the stairs!
(突き落とせ!突き落とせ!)

Rachel: Come on, Daddy! Listen to me! It’s like all of my life, everyone’s always told me, “You’re a shoe!” “You’re a shoe!” “You’re a shoe!” “You’re a shoe!” And then today I stopped and I said “What if I don’t wanna be a shoe? What if I want to be a purse? You know? Or….a hat? No, I don’t want you to buy me a hat. I am saying I am a ha…. It’s a metaphor Daddy!
(もう、父さん!聞いてよ!私の人生ずっとそうだったのよ!皆私に「お前は靴だ」「靴!」「靴!」って。でも今日ふと考えたのよ。「もし私が靴でいたくなかったら?」って。カバンとか…分かる?帽子とか。違う、帽子を買ってくれっていってるんじゃなくて、私…喩えよ、バカ親父!)

Ross: You can see where he’d have trouble.
(親父さんが、君の説明を理解できない理由は、(考えたら)分かるよ)

Rachel: Look, Daddy. It’s my life. Well, maybe I just stay here with Monica.
(ねぇ、父さん。私の人生よ。じゃ、ここでモニカと一緒に暮らすかも。)

Monica: Well, I guess we’ve established she’s staying here with Monica.
(いつの間にかあの子、私と一緒に住むことを決めちゃったみたいね。)

Rachel: Well, maybe that’s my decision. Well, maybe I don’t need your money. Wait! Wait, I said maybe.
(うん、これが私の答えなのかも。父さんのお金なんて必要ないかも。待って!「かも」って言ったじゃない!)

— シーン変わる —

Monica: Just breathe. That’s it. Just try to think of nice calm things.
(深呼吸よ。そう、何か平和で良い事考えるだけよ。)

Phoebe: Raindrops on roses and whiskers on kittens. Doorbells and sleigh bells and something with mittens. Lalala, something with string.
(バラの雫、子猫の髭、ドアのベルに、ソリのベル、ミトンになんとか。ラララ、何とかかんとか…。)

Rachel: I’m all better now.
(もう大丈夫よ。)

Phoebe: I helped.
(やった)

Monica: Okay, look. This is probably for the best, you know? Independence. Taking control of your life.
(そうよ、ねえ。多分これでよかったのよ。分かる?自立よ。自分の人生をコントロールするの)

Joey: And hey. If you need anything, you can always come to Joey. Me and Chandler live right across the hall. And he’s away a lot.
(なぁ、もし何か欲しかったら、いつでも俺のところに来るんだ。俺とチャンドラーは向かいに住んでる。あいつ(チャンドラー)はしょっちゅういないから)

Monica: Joey! Stop hitting on her. It’s her wedding day.
(ジョーイ!ナンパしないで。今日が結婚式だったのよ)

Joey: What? Like there’s a rule or something?
(え?そんなルールでもあるのか?)

Chandler: Please don’t do that again. It’s a horrible sound.
(もう二度と同じことしないで。嫌な音なの~。)

Paul: Uh…it’s Paul.
(えっと、ポールと言いますが。)

Monica: Buzz him in.
(入れてあげて)

Joey: Who’s Paul?
(ポールって誰?)

Ross: Paul, the wine guy Paul?
(ソムリエのポール?)

Monica: Maybe?
(かもね)

Joey: Wait a minute. Your “not a real date tonight” is with Paul, the wine guy?
(待て。お前の「デートでもなんでもない」って奴が、ソムリエのポールか?)

Ross: He finally asked you out?
(やっと誘ってくれたんだ?)

Monica: Yes.
(うん)

Chandler: Oh, this is a “Dear diary” moment.
(おぉ、これは今日の日記行きだな)

Monica: Rach, wait. I can cancel.
(レイチェル、待って。キャンセルするわ)

Rachel: Please, no! Go, I’ll be fine.
(いいから。行ってよ。私は大丈夫よ)

Monica: Ross, are you okay? Do you want me to stay?
(兄貴は大丈夫?私にいて欲しい?)

Ross: That’d be good.
(その方が良いな。)

Monica: Really?
(本当?)

Ross: No! Go on! It’s Paul, the wine guy!
(嘘だよ!行けって!ソムリエのポールだぞ!)

Monica: Hi, come in. Paul this is…everybody. Everybody, this is Paul.
(どうぞ、入って。ポール、この人たち、私の友達。皆、この人がポールよ)

Chandler: I’m sorry. I didn’t catch your name. Paul, was it?
(ごめん、聞こえなかった。ポールだったっけ?)

Monica: Sit down. Two seconds.
(座って。2秒で来るから)

Phoebe: Oh, I just pulled out four eyelashes. That can’t be good.
(あ、まつげが4本抜けた。縁起悪いわね。)

Ross: So Rachel. What are…. What are you up to tonight?
(えっと、レイチェル、何か…今夜何か予定ある?)

Rachel: Well, I was kind of supposed to be headed for Aruba on my honeymoon. So nothing!
(そうね、今頃新婚旅行に向かってるはずだったけど、何もないわ!)

Ross: Right. You are not even getting your honeymoon. No, no. Although, Aruba. This time of the year? Talk about your….big lizards. Anyway, if you don’t feel like being alone tonight, Joey and Chandler are coming over to helping me put together my new furniture.
(そうだな、新婚旅行もなくなっちゃんだな。あ、違う、でもアルバ島だろ?この時期に?でかい爬虫類がいるだけだよ。ま、それは置いといて、もし今晩一人になるのが嫌ならだけど、ジョーイとチャンドラーが、俺の新しい家具を作るの手伝ってくれるんだ)

Chandler: Yes, we’re very excited about it.
(そう、もうワクワクだよ。)

Rachel: I have to say thanks. But I’m just gonna hang out here tonight. It’s been a long day.
(ありがとう。でも、今夜はここでゆっくりするわ。長い一日だったから。)

Ross: Okay, sure.
(そうだね、分かった)

Joey: Hey, phoebs. You wanna help?
(フィービーは来るか?)

Phoebe: Oh, I wish I could, but I don’t want to.
(行けたらいいんだけど…行きたくないの)

— シーン変わる —

Ross: I’m supposed to attach a bracket-y thing to the side things using a bunch of these little worm guys. I have no bracket-y thing. I see no worm guys whatsoever. And I cannot feel my legs.
(留め金のようなものを側板につけて、ちっちゃい虫みたいな奴らで留める…と。留め金もないし、虫たちも見つからない。んで、足が痺れた。)

Joey: What’s this?
(何だこれ?)

Chandler: I have no idea.
(さぁ…)

Joey: Done with the bookcase.
(本棚作りはおしまいっと)

Chandler: All finished.
(全部終わった)

Ross: This was Carol’s favorite beer. She always drank it out of can. I should have known.
(これはキャロルお気に入りのビールだったんだ。いつも缶から直接飲んでさ。分かるべきだったんだ)

Joey: Let me ask you a question. She got the furniture, the stereo, the good TV. What did you get?
(一つ聞かせてくれよ。キャロルは家具と、ステレオ、高いTVを持っていって、お前は何をもらったんだ?)

Ross: You guys.
(お前らだよ。)

Joey: You got screwed.
(大問題だな。)

Chandler: Oh God. Oh my God.
(何てこった)

— シーン変わる —

Monica: Oh my God.
(驚いたわ)

Paul: I know. I’m such an idiot. Guess I should’ve caught on when she started going to the dentist four and five times a week. I mean, how clean can teeth get?
(そうでしょう。私は本当にバカでしたよ。彼女が週に4回歯医者に通い始めた時点で気づくべきでした。だって、どれだけ歯が綺麗になると言うのでしょうか)

Monica: My brother’s going through that now. He’s such a mess. How did you get through it?
(私の兄も今同じ状態を経験しているわ。ボロボロよ。あなたはどうやってそれを乗り切ったの?)

Paul: He might try accidentally breaking something valuable of hers. Say her….
(もしかすると、相手の何か大切なものを偶然壊してみるのも良いでしょうね。例えば…)

Monica: Leg?
(足とか?)

Paul: That’s one way of going through it. Me? I, I went to for the watch.
(それも一つですね。私は、相手の時計でした)

Monica: You actually broke her watch?
(本当に元彼女の時計を壊したの?)

— シーン変わる —

Rachel: Barry, I am sorry. I am so sorry. I know you probably think this is all about what I said the other night about you making love with your socks on, but it isn’t. This is about me. And I jus…. Hi, machine cut me off again. Anyway,
(バリー、ゴメンね。本当にごめんなさい。多分、あの夜靴下はいたままでセックスしたことが原因だと思ってると思うけど、違うの。私のせいなの。ただ…また留守電に切られたわ。とにかく…)

— シーン変わる —

Ross: You know what’s scariest part is? What if there is only one woman for everybody? You know? I mean, what if you get one woman, and that’s it? Unfortunately, in my case, there was only one woman for her.
(最悪なのは、もし皆それぞれにたった一人の女性しかいないとしたら。分かる?つまり、その女性を見つけたらそれが最後ってこと。運悪く俺の場合は、その唯一の女性が、自分の妻のものだったんだ)

Joey: What are you talking about? One woman?That’s like saying there’s only one flavor of ice cream for you. Let me tell you something, Ross. There’s lots of flavors out there. Rocky road and cookie dough and bing cherry vanilla. You can get them jimmies or nuts or whipped cream. This is the best thing that ever happened to you! You got married. You were like, what, 8? Welcome back to the world! Grab a spoon!
(何言ってんだよ。「たった一人の女性」?それは、アイスクリームの味がたった一つしかないのと同じことだぜ。一つ言わせろよ、ロス。この世には沢山の味があるんだよ。ロッキーロード、クッキードウ、それにビングチェリーバニラ…その上にキャンディや、ナッツ類や生クリームもトッピングできる。今回のことは、お前にとっては最高の出来事なんだよ!結婚したとき、お前はなんだ。8歳か?現実の世界に戻ってきたんだ。スプーンをつかめよ!)

Ross: I honestly don’t know if I’m hungry or horny.
(正直言って、お腹が空いてるのか、セックスしたいのかよく分からなくなった)

Chandler: Then stay out of my freezer.
(お前は俺の冷蔵庫には近寄るな)

— シーン変わる —

Paul: Ever since she walked out on me, I…
(あいつがいなくなってからずっと私は…)

Monica: What? What? You wanna spell it out with noodles?
(え?何?その麺で筆談でもしたいの?)

Paul: No, it’s more of a fifth date kind of revelation.
(いや、5回目のデートが気になってて)

Monica: Oh, so there’s gonna be a fifth date?
(あら、5回目はあるの?)

Paul: Isn’t there?
(ないかな?)

Monica: Yeah, yeah I think there is. What were you gonna say?
(うん、あると思うわ。で、何を言いたかったの?)

Paul: Well, here it comes. Ever since she left me, I haven’t been able to perform sexually.
(はい、言いたかったことはですね、あいつが私をフッてから、性的に機能しなくなったんです。)

Monica: Oh God! Oh God! I am so sorry. I know being spit on is probably not what you need right now. Um..How long?
(あぁ!私ったら!ごめんなさい。吐きかけられるなんて、多分今必要なことじゃないのに。で、どのくらい?)

Paul: Two years.
(2年間です)

Monica: Wow. I’m glad you smashed her watch.
(へぇ、相手の時計を壊してくれて私も嬉しいわ)

Paul: So you still think you might want that fifth date?
(で、まだ5回目のデートはあると思う?)

Monica: Yes. Yeah I do.
(うん、思うわ)

— シーン変わる —

Bride: I, Joanie, take you, Charles, as my lawful husband.
(私、ジョニーは、あなたチャールズを、夫として…)

Preast: Do you take Joanie…
(あなたジョニーを…)

Rachel: Ah! See! But Joanie loved Chachi. That’s the difference.
(そう!そうなの!ジョニーはチャーチを好きなの。それが私たちと違うのよ)

— シーン変わる —

Ross: Grab a spoon. Do you how long it’s been since I grabbed a spoon? Do the words, “Billy, don’t be a hero” mean anything to you? You know, here’s the thing. Even if I could get it together enough to ask another woman out, who am I gonna ask?
(「スプーンをつかめ」ったって、どれくらい時間がたってると思ってるんだ。「悲しみのヒーロー」の歌詞はお前にとっては何の意味もないのかよ。問題はだな、勇気を出して他の女を誘うとしても、誰に声をかけたらいいっていうんだよ?)

— シーン変わる —

Rachel: Isn’t this amazing? I mean I never made coffee before in my entire life.
(凄くない?私初めて自分でコーヒーを入れたのよ)

Chandler: That is amazing.
(それは確かに凄いな)

Joey: Congratulations. While you are on roll, if you feel like you gotta make like a Western omelet or something. Although, actually I’m really not that hungry.
(おめでとうさん。今波に乗ってる間に、洋風オムレットとかだって作れるんじゃないか?まぁ、今はそんなにお腹空いてないからいいけど)

Monica: Good morning.
(おはよう)

Everyone: Good morning.
(おはよう)

Paul: Morning.
(おはようございます)

Joey: Morning, Paul.
(おはよう、ポール)

Rachel: Hello, Paul.
(あら、ポール)

Chandler: Hi, Paul, is it?
(やぁ、「ポール」だったっけ?)

Monica: I had a really great time last night.
(昨夜はとても楽しかったわ)

Paul: Thank you. Thank you so much.
(ありがとう、本当に感謝してるよ)

Monica: We’ll talk later.
(じゃあ、また話そうね)

Paul: Thank you.
(ありがとう)

Joey: That wasn’t a real date. What the hell do you do on a real date?
(今回は本当のデートじゃなかったんだろ?本当のデートなら、一体何をする気なんだ?)

Monica: Shut up and put my table back.
(黙って、机を元に戻してなさい)

Chandler: Alright, kids. I am gonna get to work. If I don’t input those numbers, it doesn’t make much difference.
(じゃあな、お子さんたち。俺は仕事に行って来るよ。俺があの数字を打ち込まないと…特に何も変わらないけどな)

Rachel: So like, you guys all have jobs?
(で、皆「仕事」ってやつあるんだ?)

Monica: Yeah, we all have jobs. See? That’s how we buy stuff.
(そう、私たち皆、仕事があるわよ。分かる?だからくだらないものを買えるのよ。)

Joey: Yeah, I’m an actor.
(そうそう。俺は役者なんだ。)

Rachel: Wow. Would I’ve seen you in anything?
(おぉ。私、何か見たことあるかな?)

Joey: Oh I doubt it. Mostly Regional work.
(それは疑問だね。殆ど地域的なものばかりだから)

Monica: Oh yeah! Unless you happen to catch the Wee One’s production of Pinocchio.
(あ!もしかしたら、あのちっちゃい会社の「ピノキオ」なら見たことあるんじゃない?)

Chandler: “Look, Geppeto. I am a real live boy. ”
(「見てよ、ゼペットじいさん。僕、本当の人間になれたんだ」)

Joey: I will not take this abuse.
(俺は、そんな虐待には付き合わないぜ。)

Chandler: Yeah, alright. I’m sorry. Once I was a wooden boy. A little wooden boy.
(そうか、分かったよ。悪かった。「昔、僕は木で出来た少年だったんだ」)

Monica: So how are you doing today? You sleep okay? Did you talk to Barry? I can’t stop smiling.
(で、今日の調子はどう?よく寝れた?バリーとは話したの?私、笑いが止まらないんだけど。)

Rachel: I can see that. You look like you slept with a hanger in your mouth.
(見てて分かるわよ。ハンガーを口に入れて寝たみたいに見えるわ)

Monica: I know. I know. He’s just so…Do you remember you and Tony De Marco?
(本当。その通りよ。ポールは、そうね…トニー・デ・マルコのこと覚えてる?)

Rachel: Oh yeah.
(うん)

Monica: Well, it’s like that. With feelings.
(まるであの時みたいなの。それに(「好き」っていう)感情を足した感じ)

Rachel: Oh wow. Are you in trouble!
(あ~、それは大変ね)

Monica: Okay. Okay. I’m going to get up, go to work, and not think about him all day. Or else I’m just going to get up and go to work.
(よ~し、じゃあ、目を覚まして仕事に行って、ポールのこと一日中考えないようにしようっと。それか、ただ目を覚まして仕事に行くだけ行こう)

Rachel: Oh, wish me luck!
(あ!私の幸運を祈ってて!)

Monica: What for?
(何のこと?)

Rachel: I’m gonna go get one of those job things.
(「仕事」ってやつを探しに行くつもりなの)

— シーン変わる —

Franny: Hey Monica.
(こんにちは、モニカ)

Monica: Hey, Franny. Welcome back. How was Florida?
(あら、フラニー。おかえり。フロリダはどうだった?)

Franny: You had sex. Didn’t you?
(セックスしたでしょ?)

Monica: How do you do that?
(なんで分かるのよ?)

Franny: So who?
(で、誰と?)

Monica: You know Paul?
(ポール、知ってるでしょ?)

Franny: Paul, the wine guy? Oh yeah, I know Paul.
(ソムリエのポール?あぁ、あいつなら知ってるわ)

Monica: You mean, you know Paul like I know Paul?
(私と同じくらいポールのこと知ってるってこと?)

Franny: Are you kidding? I take credit for Paul. You know, before me, there was no snap in his turtle for two years.
(冗談のつもり?私、ポールには貸しがあるのよ。私とヤる前は、ポールのアレ2年間機能しなかったのよ)

— シーン変わる —

Joey: Of course it was a line.
(口説き文句に決まってるだろ)

Monica: Why? Why would anybody do something like that?
(何で?何でそんなことする必要があるのよ?)

Ross: I assume we’re looking for an answer more sophisticated than “to get you into bed”.
(もっと上品な答え方を探すところだけど…「お前をベッドに連れ込むため」だよ)

Monica: Is it me? Is it like I have some sort of beacon that only dogs and men with some emotional problems can hear?
(私のせいなの?私が、どんな女とでも寝るようなバカ男や精神的におかしい男を引き寄せてしまう信号みたいなものを出してるの?)

Phoebe: Alright. Come here. Give me your feet.
(分かった、分かった。こっちに来て。足を出して)

Monica: I just thought he was nice, you know?
(ただポールが素敵な人だと思っただけなのよ。分かってくれる?)

Joey: I can’t believe you didn’t know it was a line.
(それにしても、口説き文句だと分からなかったなんて、信じられないよ)

Monica: Oh!
(もう!)

Rachel: Guess what?
(聞いてよ!)

Ross: You got a job?
(仕事見つけたの?)

Rachel: Are you kidding? I’m trained for nothing. I was laughed out of 12 interviews.
(何言ってるのよ?私、何のトレーニングも受けたことないのよ。12回面接で笑い飛ばされたわ)

Chandler: And yet, you’re surprisingly upbeat.
(それにしちゃ、ご機嫌だな)

Rachel: Oh well, you would be too if you found Joan and David boots on sale, 50% off.
(あなただってご機嫌になるわ。半額セールでジョーン&ディヴィッドのブーツを見つけたらね)

Chandler: Oh how well you know me.
(俺のことよく分かってるなぁ)

Rachel: They are my new “I don’t need a job. I don’t need my parents. And I’ve got great boots” boots.
(これが私の新しい「仕事も両親も要らない、だって素敵なブーツがあるから」ブーツよ)

Monica: How did you pay for them?
(それ、どうやって払ったの?)

Rachel: Credit Card.
(クレジットよ)

Monica: And who pays for that?
(で、そのカード誰が払うの?)

Rachel: Um… my father.
(あ…父さん)

— シーン変わる —

Monica: Come on. You can’t live off your parents your whole life.
(ほら、親のスネを一生かじってられないでしょ。)

Rachel: I know that. That’s why I was getting married.
(そんなの知ってるわよ。だから結婚しようと思ったんじゃない)

Phoebe: Give her a break. It’s hard being on your own for the first time.
(少し時間あげたら?初めて独り立ちするのって大変なんだし)

Rachel: Thank you.
(ありがとう)

Phoebe: You’re welcome. I remember when I first came to the city, I was 14. My mom just had killed herself and my stepdad was back in prison. And I got here, and I didn’t know anybody. And I ended up living with this albino guy who was like cleaning windshields outside, port authority. And he then killed himself. And then I found aromatherapy. So, believe me, I know exactly how you feel.
(気にしないで。私覚えてるの。初めて都会に来たとき、14歳だったわ。母さんが自殺したばかりで、義理の父が牢屋にまた入れられて。誰も知らなくて、結局港湾局に雇われてて屋外で窓を洗ってる白皮症の男と住むことになったの。で、そいつも自殺。それから、アロマセラピーの仕事を見つけたの。だから、信じて良いわよ。あなたの気持ちは本当によく分かるの)

Ross: the word you are looking for is…. Anyway.
(次何を言えばいいかと言うと、、、、ところで)

Monica: You ready?
(準備は良い?)

Rachel: I don’t think so.
(良くない)

Ross: Oh come on! Cut. Cut. Cut.
(ほらほら!切っちゃえ!切っちゃえ!切っちゃえ!)

Monica: Welcome to the real world! It sucks. You’re gonna love it!
(ようこそ、現実世界に!最低な世の中だけど、ハマるわよ)

— シーン変わる —

Monica: Well, that’s it. You’re gonna crush on the couch?
(これでお終いね。もうソファでつぶれとく?)

Ross: No, I gotta go home sometime.
(いや、たまには家に戻らないと)

Monica: Are you gonna be okay?
(大丈夫?)

Rachel: Hey Mon. Look what I just found on the floor. What?
(ねぇ、モニカ。これ床に落ちてたんだけど…何?)

Monica: That’s Paul’s watch. You just put it back where you found it. Oh, boy. All right. Good night, everybody.
(それ、ポールの時計よ。そこの見つけた場所に置いといて。あぁもう。じゃあおやすみ、みんな)

Ross & Rachel: Good night.
(おやすみ)

Ross: No.
(あちゃ~)

Rachel: I’m sorry. No, have it. I don’t want it really.
(あ、ごめんなさい。食べて。別に要らないから)

Ross: Split it?
(半分する?)

Both: Okay.
(うん)

Ross: You know, you probably didn’t know this, but back in high school I had a major crush on you.
(知ってる?いや多分知らないだろうけど、高校のときものすごい惚れてたんだ)

Rachel: I knew.
(知ってるわ)

Ross: You did? Wow. I always figured that you just thought I was Monica’s geeky older brother.
(あ、知ってた?おぉ。いつも、俺のことモニカの気持ち悪い兄だと思ってるかな…と)

Rachel: I did.
(うん、思ってた)

Ross: Oh. Listen, do you think, and I try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here. But do you think it would be okay if I asked you out sometime, maybe?
(やっぱり。あの、どう思う?僕の脆さが何の影響も与えなければ良いんだけど…たまにはデートに誘ってもいいかな?どう?)

Rachel: Yeah, maybe?
(えぇ、多分ね)

Ross: Okay. Okay, maybe I will.
(そうか、そうか。多分、そうするよ)

Both: Good night.
(おやすみ)

Monica: See you. Wait, wait. Hey, what’s with you?
(またね。待って、待って。ねぇ、どうしたの?)

Ross: I just grabbed a spoon.
(スプーンをつかんだんだ)

— シーン変わる —

Joey & Phoebe: I can’t believe what I’m hearing.
(自分の耳を信じられないよ)

Monica & Phoebe: What I said you had…
(私が言ったことは、あなたが…)

Monica: Would you stop?
(止めてくれる?)

Phoebe: Oh, was I doing it again?
(あ、私またやってた?)

Everybody: Yes!
(あぁ!)

Rachel: Would anybody like more coffee?
(誰かもっとコーヒー欲しい?)

Chandler: Did you make it or are you just serving it?
(自分で作ったの?ただ、注いでるだけ?)

Rachel: I’m just serving it.
(ただ注いでるだけだけど)

Everyone: Yeah, I am having a cup of coffee.
(よし、じゃあ一杯もらう)

Chandler: Hey, kids. New dream. I’m in Las Vegas. I’m Liza Minneli.
(なぁ、お子さんたち。また新しい夢だ。ラスベガスで、俺はライザ・ミネリだった)

Amazonで販売中

映画「Friends(フレンズ) Season1」

上映日:1994年 / 上映時間:22分(1話目)

  • キャスト[ ジェニファー・アニストン ][ コートニー・コックス ][ リサ・クドロー ][ マット・ルブランク ][ デヴィッド・シュワイマー ][ マシュー・ペリー ]

目次へ戻る



ニューヨーク在住の小さなニューヨーカー

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。



NewYorker English|管理人情報

Kei@ニューヨーク

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。

自己紹介


人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 「a few/a little」の違いと「a」がない場合と「few/little」の使い方の違い


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

  • 前置詞「of」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む

英語嫌いを治す単語帳

アプリで音読可能

この単語帳がオススメな理由


ニューヨーカーイングリッシュ(単語+発音)で英語は話せる

30歳でニューヨークで突然ホームレスになったことをきっかけにニューヨークで1人で生きる上で「英語」が必要になったので英語を勉強し直しました。結構勘違いされている人がいますが自分は英語ができない状態で27歳の時にニューヨークに移住し、そして、3年間は仕事ばかりしていたので英語の勉強はほぼしませんでした。その結果ニューヨークにいるのにも関わらず英語がわからないまま30歳になってしまいました。

社会人の人なら仕事をしながら英語を勉強する大変さがわかると思いますが、自分も全く同じ環境で生活をしていたので今日本で社会人をしながら英語を勉強しようとして挫折する人の気持ちが痛いほどわかります。

そんな状態でニューヨークでホームレスになった自分は英語を自力で話さないといけない環境になって英語の参考書を何冊か買ったのですが、全く頭に入らず落ち込んでいる時にニューヨーカーの友達に相談したら「英語なんてまずは単語を暗記して、発音だけ出来れば気持ちは伝えれるよ」と言われて一気に頭がクリアになりました。なぜならニューヨーカーのほとんどが移民で彼らがニューヨークで生きるために初めにクリアしないといけないのが「自分の意思を伝えること」だったからです。

つまり、英語で相手に自分を意思を伝えるために必要だったのはニューヨーカーイングリッシュ(「単語」の暗記と「正しい発音」)を覚えることだったんです。完璧な英語なんて会話をする上では全くの不要で、「完璧に英語を覚えないといけない」というプレッシャーが英語嫌いになる理由だったんです。

実際に日本語でも相手の話を最初から最後まで聞いてから理解する人はいないのではないでしょうか?話の合間、合間の単語を聞いて、そこから相手が何を話しているか理解して、会話のキャッチボールをするのが日本語でも普通ではないでしょうか?なので、英語で相手と会話のキャッチボールがしたいなら「単語」を覚える必要があったんです。

では、どうやって単語を効率よく、短期間で勉強すればいいのでしょうか?これは頭の良い方の勉強方法を解析するとこで見つけることができました。それこそ「音読」でした。誰もが好きなアーティストの曲の歌詞を口ずさんで覚えた経験があるのではないでしょうか?逆に歌詞を書いて覚えた人はいないように、単語も口に出すことで記憶として短期間で覚えることが出来るんです。

実際に東大生や医大生は音読の勉強方法を使って短期間で単語を覚えています。なので、自分もまずまず3ヶ月と期間を決めて、1日隙間時間などを使い合計が3時間になるように3回に分けて英単語を音読勉強しました。途中からは慣れて2時間で一気に音読できるようになりました。

結果、「ターゲット1200」の単語を覚えることが出来ました!

(関連記事)英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法

実際に英単語を音読する際は「ターゲット1200」のアプリを使い、1単語1秒のペースで本に書いてある単語の順番通り音読をします。この際に大切なのは歌詞を覚える時のように何度も何度も繰り返すことです。発音ができなくても無視して次の単語の発音をしましょう。始めは読めない単語ばかりかもしれませんが、数週間すれば単語帳に書いてあるほとんどの単語は読めるようになり、耳で英語を覚えれるようになります。

始めは休憩しながら始めて問題ありませんが、どれだけ忙しい社会人の方でも騙されたと思って1700単語毎日音読することだけは必ずやってください!

自分自身が3ヶ月毎日やった経験があるからこそ、この辛い3ヶ月を乗り越えた後の英単語のボキャブラリーが増えると言い切れます。まずは頭に単語を叩き込みましょう!そして、「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」の記事で紹介しているオンライン英会話を利用して覚えた単語の発音を直すだけで英語で相手とキャッチボールが出来ます!ニューヨーク在住者の英語嫌いだった僕が言うから間違い無いです。

NewYorker English|管理人情報

Kei | 小さなニューヨーカー

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。

自己紹介

3ヶ月で英語嫌いを克服した
「英単語音読法」

3ヶ月間、毎日3時間、3回に分けて英単語を覚えよう!

実際に3ヶ月音読をやってみて思ったのが、初めの2週間は毎日音読をやることが慣れず、中々辛かったです。

自分の場合は朝4時に起床して、朝の3時間を音読の時間に当てていました。朝は人間が1番集中できる時間と言われていることもあって朝音読をするようにルーティーン化していました。

だけど、1ヶ月を過ぎる頃から毎朝音読をするのが習慣になりつつあり、2ヶ月を過ぎる頃にはストレスなく音読できるようになり、3ヶ月目には休憩なしで2時間で音読ができるようになりました。

この段階では単語は頭に入りましたがイディオムがまだ頭に入っていなかったので、頭に音読で入らないものは単語シートに書き込んで移動などの隙間時間で覚えるようにしていました。この辺りから日常会話で覚えた単語やイディオムが自然と使えるようになりました。ですが、あくまでこれは単語やイディオム部分だけの話で例文を覚えてなかったので文章として使うことはできませんでした。

だけど、単語を頭に入れることで他人との会話や美術館の作品説明文なども所々理解できるようになって英語が楽しく感じ始めました。

この3ヶ月間単語の音読をやってみて思ったのは「英語嫌い」の人はどう勉強していいかわからず、相手にも気持ちが英語で伝えれないため英語が嫌いなまま終わってしまいますが、このブログで紹介した勉強法なら英語に興味がある状態で「英語を勉強するスタートライン」に簡単に立つことができます!

なんでも嫌々取り組んでは伸びるものも伸びません。まず英語嫌いの人がやるべきなのは英語を実際に相手に話して「楽しい」という感覚を持つことです。そのためにはこのブログで紹介した英語勉強方法を実践するのはめちゃオススメです!たった1200単語覚えるだけで英語の世界が変わって見えるので、是非毎日3時間、3回に分けて英単語を3ヶ月勉強してみてください!人生変わりますよ!


経験談のみ!Keiの英語勉強体験記事一覧
     
  • 英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法の記事のアイキャッチ写真

    英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法

    関連記事を読む

英単語を覚えたら「発音」を直そう