中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

30代の隙間時間に英語を頭の良い人の「論理英語勉強術」を利用して習得したい人向けの英語勉強ブログ



2018/07/29

「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう

「家に戻る」や「家に帰る」と英語でいうときに「Come back」と「Go back」のどちらを使うか悩む時がありますが、この時は動詞が持つコアイメージを意識すると簡単に使い分けることができます。

ここではわかりやすいように「Kei」とニューヨーク在住の「Jr」の会話を例に紹介します。



「Come back」は「話し手または聞き手の場所に戻る」という意味

Kei
I came back to NY right now.(今ニューヨークに戻ってきた)

JR
Ok,text me back if you can make time.(了解、また時間できたらテキストして)


「Come」は「話し手または聞き手の場所に向かう」というコアイメージがあり、「JR」はニューヨークに住んでいて、「聞き手の彼がいる街にKeiが戻る」という意味から「Come back」が使われています。

もう少し「Come」の動詞の話をすると英語でよく親が子供をご飯などで呼ぶと子供は「I’m coming(今いく)」と言いますが、これは話し手の親の場所に向かうことから「今いく」という意味になります。



「Go back」は「話し手または聞き手のいる場所と異なる場所に向かう」という意味

Kei
I’m plan to go back to japan in next month.(来月日本に戻る予定だよ)

JR
Be safe,bro(気をつけてね)


「Go」は「話し手または聞き手のいる場所と異なる場所に向かう」という意味になります。上の例文だと2人ともニューヨークに住んでいて、「Kei」も「Jr」もニューヨークに住んでいるので「Come back」を使うことはできず、この場合は「話し手または聞き手のいる場所と異なる場所に向かう」意味を持つ「Go」が使われます。

I’m going back home.
(家に帰るよ)


友達の家に遊びに行ったりして友達の家から帰るときに使うフレーズですが、このシュチュエーションの場合は話し手(自分)と聞き手(相手)は同じ家にいて、そこから自分の家に行くので「Go back」が使われています。

この「Come back」と「Go back」の2つからイメージできるように「Back」の前に来る動詞が「話し手または聞き手のいる場所」に対してどのような影響があるかでどちらを使うかジャッジしましたが、この2つ以外にも「Get back」と「Be back」の2つがよく使われています。この2つも動詞の持つコアイメージをを理解すると使い分け方がわかります。



「Get back」は「到着した時点」の話を強調したいときに使う

Kei
I got back to home at 13:00.
(13時に家に戻った)

「Come back」と「Go back」は「話し手または聞き手のいる場所」に対してどのような行動をとるかによって使い分けがありましたが、「Get back」は「到着した時点」の話を強調したいときに使います。

なので、上の例文を例にすると上の例文を第三者とどこで話をしているかは全く関係なく、到着の瞬間を強調しています。

Kei
I get back to work now.
(ただいま仕事に戻りました)

よく職場で聞くフレーズも同じで到着の瞬間を強調しています。


I came back to home at 13:00.
(13時に家に戻った)
↑話し手または聞き手のいる場所に向かう。

I went back to home at 13:00.
(13時に家に戻った)
↑話し手または聞き手のいる場所と異なる場所に向かう。


上の例文のように「Get back」は「Come」でも「Go」でも同じ意味を表すことができますが、上の例文の場合「13:00に家に帰ったこと」瞬間のことを強く言いたい時は「Get」を使います。



「Be back」は「主語」を強調したいときに使う

Kei
I’ll be back to home at 13:00.
(私は13時に家に帰ります)

「Be back」は「Get back」と同じニュアンスで考えるとわかりやすいですが、強調するのが「主語」になります。なので、例文の「I’ll be back」の場合は「I(私が)」の主語の部分を強調しています。

「Be back」も「Come」でも「Go」でも同じ意味を表すことができますが、主語を強調したい時は「Be back」を使います。




英語をしっかり勉強したい人向け

30代で本格的に英語を勉強したい人向けにオススメの英語教材や留学のご紹介をしています。30代の大切な「時間」を使って、英語を習得してください!

【スマホアプリ&オンライン授業】

【外国人と出会えるアプリ】

  • 日本に興味のある外国人と出会えるアプリ「Pairs」(出会い系サービス)【女性無料】
  • 【語学留学(海外)】

    【駅前留学(日本国内)】

    【自分が勉強で使っている教材】

    海外トレンド調査ブロガー

    NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY好きの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

    こんな人が参考になる英語勉強サイトです

    • 30代で隙間時間で英語が勉強したい方

    • 中学生英語から勉強し直したい社会人の方

    • 英語の勉強に何度も挑戦して失敗している方


    スマホで出来るおすすめ英会話

    7日間無料体験付き

    Keiも利用中のサービス

    スタディサプリENGLISH

    スマホで英語の勉強をするならリクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」がおすすめです!日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!


    Keiが思うメリット

    ニューヨークに移住して英語を勉強する際に「日本人が勉強しやすい英語勉強法ってなんだろう?」と色々考えた結果、日常会話で実際に使っているシーンを想像しながら勉強することだと最近気付きました。この「スタディサプリENGLISH」ではファイナルファンタジーや逆転裁判のシナリオ製作を手がけたジンテーゼ社がレッスンのストーリーを作っており、ニューヨークで生活する中でも「あ!この表現使う!」と思うフレーズが多いので勉強しやすいです。

    また、1日33円で生きた英語がスマホから勉強できるのは隙間時間の使い方としてはピッタリです!

    Keiが思うデメリット

    正直デメリットが見つかりません。

    強いていうなら、1日33円の費用がかかるくらいですが、これほど生きた英語がストーリー仕立てで見られるのを考えるとめちゃくちゃ安いです。それに予約不要でレッスンを好きなだけ受けられて日常英会話とビジネス英会話の両方がスマホから勉強できる英会話サービスなんて聞いたことありません。

    おすすめオンライン英会話

    7日間無料体験付き

    Keiも利用中のサービス

    ネイティブキャンプ

    もしあなたが自分と同じように英語圏国民のような完璧な英語を習得したいのではなく、スタートラインである中学生英語(約1500程度の英単語)を軸に、確実に相手の話す内容が理解出来るように、 自分の意思が相手にしっかり伝わる英語「グローバルイングリッシュ」を身に付けたいなら自分も利用中の「ネイティブキャンプ」がオススメです!


    Keiが思うメリット

    多くの先生がフィリピン人の方で国柄から「優しい」教え方をしてくれるのでストレスなく1日何度でも無制限で授業が受けれるので、時間が空いた数十分の間にスマホアプリから授業を受けることがよくあります。また自分自身が授業を受けてみてわかったのが、様々な年齢の先生から先生を選ぶ際は話があうのと、同年代の話し方を覚える意味でも自身の年齢に近い先生を選ぶのがオススメなのと、英語に慣れてきたら自分自身もやっている「英語日記添削」をしてもらうと英語スキルが一気に伸びます。

    英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

    Keiが思うデメリット

    時間によっては常駐してる先生の数が10名前後と少ないので、あなたのお気に入りの先生が見つからない可能性もあります。また初めは英語を話すのが恥ずかしいかもしれないですが、英語を話せるようになるためには英語で話す慣れは大切です。毎日勉強した量だけがあなたのスキルになることを忘れないように!

    おすすめ英単語本

    Keiが使ってる英単語本

    英単語ターゲット1200

    中学生英語は英語の基本です!中学生英語を理解しないまま、ニューヨークに移住して、英語の壁に何度もぶち当たって、何度も英語から逃げた経験者が言うので間違い無いです。なので、英語のスキルが欲しい人はまずは中学生英単語を勉強しましょう。


    Keiが思うメリット

    中学生英単語なので日常でも見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」と思うような英単語ばかりなので、ストレスなく英語単語が勉強できます。また、ニューヨークに住んでわかったのが日常会話で使う英語は中学生英語が理解できれば大体は理解できますので、英語のスキルが欲しいならまずは中学生英単語です!

    Keiが思うデメリット

    英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。もし通勤時間などの隙間時間に英語の勉強がしたい人はこの「英単語ターゲット1200」は単語アプリがあるので、そちらを活用しましょう!


    NewYorker English|管理人情報

    管理人のKeiです。

    NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したWebマーケティングが得意。バイヤー経験とNYでの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

    自己紹介


    人気投稿

    • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


      続きを読む

    • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


      続きを読む

    • 「それで」「だから」「なので」と英語で伝えたいの接続語を覚えよう


      続きを読む

    • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


      続きを読む

    • 「少なくとも」と言いたいときに使えるを「at least」の使い方


      続きを読む

    自分のレベルに合わせて、英語を話す、聴く力を伸ばしたい方向け

    日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、自分自身も日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!

    7日間無料でお試しはコチラ