中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

忙しい社会人でも3ヶ月で「英語嫌い」が治る英語勉強法



2019/01/14

30代の僕が2週間セブ島に英語留学をして感じた口コミよりリアルな感想

ニューヨークに2013年に移住したのですが、2016年に離婚してニューヨークでホームレスになるまではアメリカ人の奥さんに英語の面は全て頼っていました。その結果ニューヨークに3年も住んでいても中学生英語から卒業することが出来ませんでした。

「英語の環境に身を置けば英語なんて勝手に話せるようになるでしょ?」

こんな夢物語見たいな話をする人がいますが、自分自身英語が全く話せない状態でニューヨークに移住したので言い切れます。アメリカ人の奥様を貰おうが、ホームスティなどの生活を英語の環境に身を置こうが、本人の英語を勉強する意思がなければ英語力は100%身につけません。 by 体験者


そんな英語大嫌いの自分が30歳になってから「このまま英語が話せないのは将来まずい」と思ってセブ島に留学した結果、今ではこの英語勉強ブログを運営するくらい英語が好きになりました。

「30代から英語勉強するためにセブ留学っておそいかな?」とセブ島に留学する前は思いましたが、30代の大人だからこそ将来のことを考えて英語が話せるようになりたかったし、海外に行くたびに「英語がもっと話せたら楽しいろうな」って思っていたので格安で留学できる「セブ留学」を2016年4月にしてきました。

自分はこのセブ留学で自分自身の英語勉強法を見つけて、その結果このブログを作りました。もしセブ島の経験がなければこのように英語を勉強することはなかったです。

30代で時間がないけど、将来英語を話したいと思っている方がこの記事を読んでセブ島に行くきっかけが出来れば嬉しいです。

目次[隠す]



自分の周りも30代の知り合いが多く「留学して英語話せるようになりたいんだよね」と言うのですが「時間」がないというのが本音で、相談を聞いていると「その貴重な時間を使ってまで英語を取得することに価値があるのか?」という疑問を持っている人も多いです。

いやいや、その貴重な時間を英語を習得するために使う価値はめちゃめちゃありますよ。


自分の周りにも「お金の奴隷」になっている人は多い…いや、もう少し詳しくいうと「日本円」の奴隷になっている人が多いです。そして日本は経済大国3位というポジションを取ってはいるけど、日本人の多くが日本よりも貧しいと思っているアジア諸国はどんどん英語力をつけいるのが現状です。

つい最近ZOZO townの前澤社長がtwitterで開催した1億円バラマキイベントを見たら、いかに日本人が「お金」に執着しているかわかります。

お金を稼ぐことも生活する上で大切ですが、いつ今の仕事がAIやロボット、移民に取られるかわからない現代社会で「英語」を習得して損は100%ありません。なんなら将来的に英語ができないことはマイナス要素にしかならない可能性も今の世界情勢を見ると大いに考えられます。

例えばお隣韓国では英語が話せるのが当たり前です。それについては「日本と韓国、既にこんなにも差が…」のnoteの記事で紹介しているので、興味ある方は合わせて読んでください。

なので、30代の人生を真剣に考えないといけない年齢だからこそ、貴重な時間を英語に費やすのは良い選択肢です。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

目次へ戻る



「日本にいると現実的にやらないといけないことがたくさんあって、英語の勉強に本気になれない。」

こう思っている30代で英語が勉強したい人は多いのではないでしょうか?実際に自分自身英語ができない状態でアメリカに渡米した身なのでわかるのですが、英語が話せなくてもまずは「英語を話す環境に慣れる」ことで英語を自発的に話すきっかけが生まれ、意思疎通が簡単でも出来ると英語を話す楽しさを体感することができます。

自分の場合は18歳からニューヨークに旅行に行っていたので「英語を話したい!」と思って、帰国後に英語の教材を買ったり、外国人が多いバーに行ったりもしましたが、時間が経つと英語を話したい欲よりも現実的に仕事をしないといけないなどの「目の前のタスク」に目がいってしまい、何度も挫折しました。

もし26歳の時にアメリカ人と結婚してニューヨーク移住をしていなかったら…自分に甘い自分は今みたいに英語を話すことはできなかったでしょうね。

「英語を話す環境にいれば自動的に英語を話せるようになる」と言うのは大きな間違いですが、「英語を話す環境にいることで自分流の英語勉強法が発見できて、結果英語が話せるようになる」と言うのは正解です。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

目次へ戻る



自分が住んでいるニューヨークに留学したいと言う人が周りでも多いですが、ニューヨークに留学となると生活費も留学費も高いので現実的ではありません。また何か夢があってニューヨークに留学するならまだしも、英語を習得するためなら娯楽が少ないセブ島に留学した方が100%英語力はつきます。(体験談)

  • 1:短期集中で英語が勉強したい30代の社会人
  • 2:中学生英語から勉強し直したい30代の人
  • 3:海外に行ったことないけど今後の移住地を海外に起きたい30代の人

じゃあ、どんな30代の人がセブ島留学に向いているのか?を大きく3つに分けて紹介します。

1:短期集中で英語が勉強したい30代の社会人


セブ島留学の良いポイントは「1週間からの短期留学が出来ること」「教える方の上手い、質の高い先生の英語の授業が格安で受講出来ること」です。

「セブ島の語学留学って安い!」ってイメージどこかにありませんか?テレビや雑誌などでも格安で英語を勉強するために留学が出来るってイメージを持っている人が多いですが、実際にセブ島の語学留学はめちゃくちゃ安いです。

例えばフィリピン政府公式認定語学学校「NILS」では寮と食費込みで1週間58,700円で語学留学が出来ます!

しかも、この「NILS」の学校があるのはセブ島で開発が進んでいる中心地として知られる「ITパーク内」に学校があり、大きなショッピングモールや日本でもおなじみのファーストフード店やコンビニも近くにあるので生活には困りません。

またセブ島の治安については大統領が変わってから治安がかなり改善され、セブ島も実際に治安を心配するほど危険な国ではなくなりましたので初めて海外に行かれる方でも安心して生活が出来ますし、先ほど紹介した「NILS」の学校がある「ITパーク」内には各ビルにガードマンがいるので治安の心配をされている方は「NILS」の語学学校がオススメです。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

2:中学生英語から勉強し直したい30代の人


「30代から英語って正直きついでしょ?」

自分自身も30代になってから本格的に中学生英語から勉強し直しましたが、正直遅いとは感じません。

理由は20代の頃は人生に対して本気で向き合ってなかったので将来を見据えて英語を勉強するよりも目の前の娯楽に目移りをしていました。なので、英語が必要と感じても本気になることが出来ませんでした。

ですが、アメリカに移住してから様々な国の人たちが当たり前のように英語を話して、コミュニケーションを取っているのを見て、「これは本気で英語をやらないと将来困る」と肌で感じ、そして、2018年4月にセブ島に語学留学したことをきっかけに自分なりの英語勉強法を見つけて英語を勉強するようになりました。

「じゃあ、セブ島でどんな英語勉強方法が見つかったの?」

自分がセブ島で自分流の英語勉強方法を見つけれたのは「先生の質の高さ」と「個人のレベルに合わせた授業」があったからです。

多くの英語が苦手な人が間違っているのが「勉強法」です。自分自身紙に書いて覚える英語勉強法を昔はしていましたが、これが自分にはあってなかったです。

セブ島には多くの語学学校があるため、教員になるのもハードルがすごい高いので自然的に世界トップレベルの英語力を持っている先生がどの語学学校でも教えているので、先生が1人1人の英語レベルと性格からオススメの勉強方法を教えてくれます。だからこそ、少しでも英語の先生の質が高い学校に留学されることをお勧めします。

そのポイントをを考えたときに「NILS」の先生はフィリピンの世界トップレベルのビジネス英語力を持っている先生が集まっているので英語が苦手な30代の人にはオススメできます。

語学学校「NILS」には英語が全く出来ない人も多く留学するため、本当の意味で「0から英語を勉強したい人向け」に英語を教えるカリキュラムもたくさん用意されていますし、ある程度英語の基礎がある人向けのカリキュラムも用意されています。語学学校「NILS」では個人1人1人に担当の先生がつくので先生と話し合いながら自分流の英語勉強法を見つけるのは本気で英語をやる上で非常に大切なポイントです。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

3:海外に行ったことないけど今後の移住地を海外にしたい30代の人


自分も色々な国に今まで足を運びましたが、セブ島は以下の5つの理由から日本人の海外初心者には優しい国だと思います。

  • ・低予算で語学留学が出来る
  • ・日本人の舌に合う料理が多い
  • ・物価が約1/3~1/6だから安心して住める
  • ・寮などの宿泊施設もかなり綺麗だから潔癖の人も問題無し
  • ・日本にはない大自然が近場で楽しめる

日本からセブ島までは直航便もありますし、LCC(格安航空券)もあります。自分がセブ島に行った時はLLCを利用したのですが往復3万円ほどで航空券を取ることが出来ました。他の学費や宿泊費、娯楽費などを合わせて2週間で合計15万円ほどで語学留学をすることが出来ました。


特に物価は日本よりもかなり安く、マッサージなどは1時間250ペソ(約500円)で受けることが出来たのには感動しました。


食べ物に関しても日本人の留学生がセブ島には昔から多く、多くの日系企業もセブ島に進出しているので日本人の舌に合う料理も多く、もちろん値段もかなりリーズナブルに楽しむことが出来ます。また、語学学校の食事も日系企業が運営している語学学校は日本食に力を入れているので、ご飯の心配をする必要はないです。



そして、セブ島の島の中には様々な大自然を楽しめる場所があるので、平日はがっつり勉強して、週末は自然を楽しみに行くと日本での「都会疲れ」を解消することもできます。リフレッシュにはセブ島は最適です。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

ITと英語が学べる「0円留学」を利用して2つのスキルを身に付けたい人にもおすすめ


フィリピン政府公式認定語学学校「NILS」の語学学校では滞在費・学費・食事などの費用が全て免除される「ITと英語が無料で学べる留学サービス」を展開しています。

この「ITと英語が無料で学べる留学サービス」では午前は英語の授業に参加して英語を勉強し、午後からは6時間「NILS」の語学学校のお仕事をお手伝いをしながらホームページを作成するための「ITスキル」を学ぶことができます。この「ITと英語が無料で学べる留学サービス」がすごいところが滞在費・学費・食事など通常12万円から20万円かかる費用が全て免除されるポイントです。

「NILS」のIT×英語留学では大手企業のWebサイト制作、メディアサイトの運営、人材教育セミナーなどの実績があるWeb製作会社と提携し行っておりますので、最新のITスキルを確実に身に付けることが出来ます。

これからの時代「IT」と「英語」は必須スキルになるからこそ、無料で一度に両方が学べるこの留学サービスは予約ができないほど大人気の留学サービスです。デメリットとしては6ヶ月などの長期留学が必須になるので、30代の社会人の人は難しいかもしれないですが、転職活動中の方やアルバイトなどの方にはオススメの留学サービスです。

【365日無料相談可能】Keiがおすすめする語学学校「NILS」とは?

30代から英語を勉強したいならフィリピン政府公式認定語学学校「NILS」がおすすめ


セブ島には様々な留学学校がありますが、自分が一番おすすめなのがフィリピン政府公式認定語学学校「NILS」です!

【365日無料相談可能】語学学校「NILS」の詳細はコチラ

授業は完全マンツーマンで、あなただけのためのカリキュラムを作ることができるだけではなく、何かカリキュラムに不満がある場合はセブ島在住の日本人スタッフがあなたを全面サポートしてくれます。

もちろん治安の心配もなし!語学学校「NILS」はセブ島の中心エリアにある「ITパーク」内にあり、「ITパーク」内は各ビルにガードマンが常時勤務しているので治安の心配はありません。

  • 1:ITと英語が無料で学べる「IT x 英語留学」
  • 2:月3000円の支払いから始めれる「ローン留学」
  • 3:英語初級できも「英語脳」が作れる「英語入門留学」
  • 4:返金制度あり!TOEICのスコアアップ「スパルタ留学」
  • 5:子供と一緒に英語を学ぶ「親子留学」

など、様々なカリキュラムが用途や予算によって分かれていますので、個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズして留学内容を決めることが可能です。

30代の貴重な「時間」を何に使うかで今後の人生が大きく変わります。

これからの人生を今まで以上に楽しみたいなら「英語」のスキルを手に入れて、今まで見たことがない世界を体験しに行きましょう!そして、今まで日本しか知らなかった小さな価値観を一気に英語を使って広げましょう!

【365日無料相談可能】語学学校「NILS」の詳細はコチラ

目次へ戻る



ニューヨーク在住の小さなニューヨーカー

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。



NewYorker English|管理人情報

Kei@ニューヨーク

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。

自己紹介


人気投稿

  • 「a few/a little」の違いと「a」がない場合と「few/little」の使い方の違い


    続きを読む

  • 前置詞「out」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 前置詞「against」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

英語嫌いを治す単語帳

アプリで音読可能

この単語帳がオススメな理由


ニューヨーカーイングリッシュ(単語+発音)で英語は話せる

30歳でニューヨークで突然ホームレスになったことをきっかけにニューヨークで1人で生きる上で「英語」が必要になったので英語を勉強し直しました。結構勘違いされている人がいますが自分は英語ができない状態で27歳の時にニューヨークに移住し、そして、3年間は仕事ばかりしていたので英語の勉強はほぼしませんでした。その結果ニューヨークにいるのにも関わらず英語がわからないまま30歳になってしまいました。

社会人の人なら仕事をしながら英語を勉強する大変さがわかると思いますが、自分も全く同じ環境で生活をしていたので今日本で社会人をしながら英語を勉強しようとして挫折する人の気持ちが痛いほどわかります。

そんな状態でニューヨークでホームレスになった自分は英語を自力で話さないといけない環境になって英語の参考書を何冊か買ったのですが、全く頭に入らず落ち込んでいる時にニューヨーカーの友達に相談したら「英語なんてまずは単語を暗記して、発音だけ出来れば気持ちは伝えれるよ」と言われて一気に頭がクリアになりました。なぜならニューヨーカーのほとんどが移民で彼らがニューヨークで生きるために初めにクリアしないといけないのが「自分の意思を伝えること」だったからです。

つまり、英語で相手に自分を意思を伝えるために必要だったのはニューヨーカーイングリッシュ(「単語」の暗記と「正しい発音」)を覚えることだったんです。完璧な英語なんて会話をする上では全くの不要で、「完璧に英語を覚えないといけない」というプレッシャーが英語嫌いになる理由だったんです。

実際に日本語でも相手の話を最初から最後まで聞いてから理解する人はいないのではないでしょうか?話の合間、合間の単語を聞いて、そこから相手が何を話しているか理解して、会話のキャッチボールをするのが日本語でも普通ではないでしょうか?なので、英語で相手と会話のキャッチボールがしたいなら「単語」を覚える必要があったんです。

では、どうやって単語を効率よく、短期間で勉強すればいいのでしょうか?これは頭の良い方の勉強方法を解析するとこで見つけることができました。それこそ「音読」でした。誰もが好きなアーティストの曲の歌詞を口ずさんで覚えた経験があるのではないでしょうか?逆に歌詞を書いて覚えた人はいないように、単語も口に出すことで記憶として短期間で覚えることが出来るんです。

実際に東大生や医大生は音読の勉強方法を使って短期間で単語を覚えています。なので、自分もまずまず3ヶ月と期間を決めて、1日隙間時間などを使い合計が3時間になるように3回に分けて英単語を音読勉強しました。途中からは慣れて2時間で一気に音読できるようになりました。

結果、「ターゲット1200」の単語を覚えることが出来ました!

(関連記事)英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法

実際に英単語を音読する際は「ターゲット1200」のアプリを使い、1単語1秒のペースで本に書いてある単語の順番通り音読をします。この際に大切なのは歌詞を覚える時のように何度も何度も繰り返すことです。発音ができなくても無視して次の単語の発音をしましょう。始めは読めない単語ばかりかもしれませんが、数週間すれば単語帳に書いてあるほとんどの単語は読めるようになり、耳で英語を覚えれるようになります。

始めは休憩しながら始めて問題ありませんが、どれだけ忙しい社会人の方でも騙されたと思って1700単語毎日音読することだけは必ずやってください!

自分自身が3ヶ月毎日やった経験があるからこそ、この辛い3ヶ月を乗り越えた後の英単語のボキャブラリーが増えると言い切れます。まずは頭に単語を叩き込みましょう!そして、「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」の記事で紹介しているオンライン英会話を利用して覚えた単語の発音を直すだけで英語で相手とキャッチボールが出来ます!ニューヨーク在住者の英語嫌いだった僕が言うから間違い無いです。

NewYorker English|管理人情報

Kei | 小さなニューヨーカー

26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。世界中に友達作りなう。

自己紹介

3ヶ月で英語嫌いを克服した
「英単語音読法」

3ヶ月間、毎日3時間、3回に分けて英単語を覚えよう!

実際に3ヶ月音読をやってみて思ったのが、初めの2週間は毎日音読をやることが慣れず、中々辛かったです。

自分の場合は朝4時に起床して、朝の3時間を音読の時間に当てていました。朝は人間が1番集中できる時間と言われていることもあって朝音読をするようにルーティーン化していました。

だけど、1ヶ月を過ぎる頃から毎朝音読をするのが習慣になりつつあり、2ヶ月を過ぎる頃にはストレスなく音読できるようになり、3ヶ月目には休憩なしで2時間で音読ができるようになりました。

この段階では単語は頭に入りましたがイディオムがまだ頭に入っていなかったので、頭に音読で入らないものは単語シートに書き込んで移動などの隙間時間で覚えるようにしていました。この辺りから日常会話で覚えた単語やイディオムが自然と使えるようになりました。ですが、あくまでこれは単語やイディオム部分だけの話で例文を覚えてなかったので文章として使うことはできませんでした。

だけど、単語を頭に入れることで他人との会話や美術館の作品説明文なども所々理解できるようになって英語が楽しく感じ始めました。

この3ヶ月間単語の音読をやってみて思ったのは「英語嫌い」の人はどう勉強していいかわからず、相手にも気持ちが英語で伝えれないため英語が嫌いなまま終わってしまいますが、このブログで紹介した勉強法なら英語に興味がある状態で「英語を勉強するスタートライン」に簡単に立つことができます!

なんでも嫌々取り組んでは伸びるものも伸びません。まず英語嫌いの人がやるべきなのは英語を実際に相手に話して「楽しい」という感覚を持つことです。そのためにはこのブログで紹介した英語勉強方法を実践するのはめちゃオススメです!たった1200単語覚えるだけで英語の世界が変わって見えるので、是非毎日3時間、3回に分けて英単語を3ヶ月勉強してみてください!人生変わりますよ!


経験談のみ!Keiの英語勉強体験記事一覧
  • 英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法の記事のアイキャッチ写真

    英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法

    関連記事を読む

英単語を覚えたら「発音」を直そう