中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

忙しい社会人でも3ヶ月で「英語嫌い」が治る英語勉強法



2018/12/27

前置詞「into」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう

「~の中へ」という意味で使われる前置詞「into」ですが、英語を勉強している人の中には前置詞「in」との違いをいまいち理解できずに、間違えて使っている人も多いです。前置詞「in」については「前置詞「in」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう」の記事を読んでください。

前置詞「into」は主に4つの使い方があり、

  • 1:「詳細」を意味する前置詞「into」
  • 2:「変化」を意味する前置詞「into」
  • 3:「変化」のニュアンスを含む前置詞「into」
  • 4:「ある状態になる」を意味する含む前置詞「into」

この記事では前置詞「into」が持つ4つの意味について紹介します。まず前置詞「into」のコアイメージは「in(中)+to(~に)」の言葉のごとく「□の中◯が入っていく」イメージということを頭に置いて記事を読んでください。



1:「〜の中へ」を意味する前置詞「into」

Kei
I looked into the box.

(箱の中をのぞいた)

箱の中に何かあるときに何が入っているかを見るには「箱の中を覗き込む」しかないですよね?つまり、箱の中に視線を入れて初めて、中身が何かわかります。

つまり、上の例文でいうと箱の中に(into)視線を移す(look)ことで、それをよく見ていること、調べていることを示します。このように前置詞「into」には「詳細」の意味があります。

get into~ = (~の中へ(into)進む(go)→〜を調べる)
inquire into~ = (~の中へ(into)尋ねる(inquire)→〜を詳しく調べる)


「look into」以外にも上のように前置詞「into」を使って表現する方法があります。

Kei
I run in the gym.
(ジムの中で走った)

Kei
I run into the gym.
(ジムの中へ走って入った)

また、前置詞「in」とごちゃごちゃになってしまう人がいますが、上の例文のようにコアイメージを意識して訳すとイメージがつきやすいです。前置詞「in」は「空間の中」の位置を示しているのに対して、前置詞「into」は「空間の中へ」と動作も含まれているのがわかります。

Kei
She poured coffee into a cup.
(彼女はカップにコーヒーを注いだ)

上の例文もカップの中にコーヒーが注がれているイメージから前置詞「into」が持つ「外から中への動き」のコアイメージがイメージできます。



2:「変化」を意味する前置詞「into」

Kei
I put the English song into Japanese.
(英語の歌を日本語に訳した)

前置詞「into」には「変化」のニュアンスも含まれており、英語が日本語の中に入るイメージから訳すという言葉を使っていますが、英語から日本語に変化したことを表しています。

break ~ into pieces = 〜を粉々にする
change A into B = AをBに変える
change into ~ = ~に変わる
make A into B = A(材料)をB(製品)にする
put ~ into words = ~を言葉にする
turn A into B = AをBに変える


他にも「変化」を意味する前置詞「into」の使い方は上のような例があります。


3:「ある状態にする」を意味する含む前置詞「into」

Kei
I put my plan into practice.
(計画を実行した)

先ほどの「変化」の延長になりますが、前置詞「into」には「ある状態にする」という意味もあります。イメージとしては「あるもの」を「ある状態」に移動させることによって「ある状態にする」ことを示しています。

例えば上の例文だと「計画を実行する状態にする」ことから「〜する」が生まれています。

Kei
I talked my mom into buying a iPhone.
(母さんを説得してiPhoneを買ってもらった)

上の例文の方も「ある状態にする」ことを示した文章です。上の例文では「take A into ~img=話して(talk)Aを〜する状態に入れる(into~img)」というイメージです。

もし「ある状態にする」のイメージが掴めない人は「◯が□の状態に移動する」をイメージするとわかりやすいかもしれないです。



4:「ある状態になる」を意味する含む前置詞「into」

Kei
He broke into laughter.
(彼は急に笑い始めた)

先ほど紹介した「ある状態にする」は何かを移動させて、ある状態にすることを示していましたが、「ある状態になる」の場合はすでにある状態(例文の場合だと笑いの状態)の中に入れば、その状態になることはイメージしやすいと思います。

come into being=(存在する(being)ようになる→出現する)
come into one’s mind = (心の中に入る→人の心に浮かぶ)
fall into~ = (~をする状況の中に落ちる→〜を始める)
get into~ = (~になる)
get into trouble = 面倒なことになる
get into a bad habit = (悪い癖の中に入る→悪い癖が身につく)


他にも前置詞「into」を使って「ある状態になる」ことを意味する言い方は複数あります。

様々な意味がある前置詞「into」ですが、「□の中◯が入っていく」コアイメージを理解すると意味が見えてきますので、コアイメージをしっかり覚えておきましょう。



ニューヨーク在住の自由人

US永住権保持者兼起業家。18歳からNYにハマって26歳でNY移住、30歳突然のNYホームレスなど経験豊富。1年に数回に日本一時帰国する際に留学プログラムを提供するEFさん(@efjapan)と共同で「NY移住セミナー」開催してます。毎回合計100名以上の方が参加しており、毎年開催していますので興味ある方はSNSをチェックください。



NewYorker English|管理人情報

Kei@ニューヨーク

US永住権保持者兼起業家。18歳からNYにハマって26歳でNY移住、30歳突然のNYホームレスなど経験豊富。1年に数回に日本一時帰国する際に留学プログラムを提供するEFさん(@efjapan)と共同で「NY移住セミナー」開催してます。毎回合計100名以上の方が参加しており、毎年開催していますので興味ある方はSNSをチェックください。

自己紹介


人気投稿

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

  • 前置詞「against」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 「〜にとって」を意味する前置詞「for」と「to」の違い


    続きを読む

  • 「a few/a little」の違いと「a」がない場合と「few/little」の使い方の違い


    続きを読む

英語嫌いを治す単語帳

アプリで音読可能

この単語帳がオススメな理由


ボキャブラリーが無ければ英語は嫌いになる

30歳でニューヨークで突然ホームレスになったことをきっかけに英語の勉強が生きる上で必要になったので英語を勉強し直しました。一番初めに勉強したのが「英単語」でした。

英単語から勉強した理由は文章読む上で単語がわからなければ文章全体のなんとなくのイメージも掴むことができません。なので、まずは生活で必要な英単語を頭に入れることから始めることにしました。自分も日本人の皆さんと同じ「忙しい人間」です。なので、まず3ヶ月と期間を決めて、1日隙間時間などを使い合計が3時間になるように3回に分けて英単語を音読勉強しました。

今回自分が使ったのは日本の高校生がよく持っている「ターゲット1200」というイディオムを合わせると1700ある単語帳です。この単語帳を選んだ理由はスマホアプリにこの「ターゲット1200」のアプリがあり、そのアプリ内の機能に単語の読み上げ機能があります。

実際に英単語を音読する際はこのアプリを使い、1単語1秒のペースで本に書いてある単語の順番通り音読をします。この際に大切なのは歌詞を覚える時のように何度も何度も繰り返すことです。発音ができなくても無視して次の単語の発音をしましょう。始めは読めない単語ばかりかもしれませんが、数週間すれば単語帳に書いてあるほとんどの単語は読めるようになり、耳で英語を覚えれるようになります。

始めは休憩しながら始めて問題ありませんが、1700単語毎日音読することだけは必ずやってください!

自分自身が3ヶ月毎日やった経験があるからこそ、この辛い3ヶ月を乗り越えた後の英単語のボキャブラリーが増えると言い切れます。これは歌を覚えるのと同じなので、誰も続けてやることができれば必ず覚えればますのでトライしてみてください!

NewYorker English|管理人情報

Kei@ニューヨーク

US永住権保持者兼起業家。18歳からNYにハマって26歳でNY移住、30歳突然のNYホームレスなど経験豊富。1年に数回に日本一時帰国する際に留学プログラムを提供するEFさん(@efjapan)と共同で「NY移住セミナー」開催してます。毎回合計100名以上の方が参加しており、毎年開催していますので興味ある方はSNSをチェックください。

自己紹介

3ヶ月で英語嫌いを克服した「英単語音読法」

ゴールは3ヶ月後!3ヶ月間、毎日3時間、3回に分けて英単語を勉強しよう!

この勉強方法はすごいシンプルです。ニューヨークに住んでみて実際に感じるのは日常生活で使われている英単語の多くがこの「ターゲット1200」に掲載されている単語で十分です。理由は日本語でも会話をするときはぐちゃぐちゃな英文法ですが、単語がわかれば文章の全体がわかります。

この「ターゲット1200」は中学生英単語から高校生英単語まで幅広く掲載されていますが、多くの単語は今までの学校などの授業で見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」とビックリするようなイディオムまで幅広く掲載されています。このたった1200単語覚えるだけで英語の世界が変わって見えるので、是非毎日3時間、3回に分けて英単語を3ヶ月勉強してみてください!人生変わりますよ。

【実際3ヶ月音読勉強をして辛かったこと】

英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。新しい習慣を日々の生活の中に作るのはすごいストレスのかかることです。

ですが、英語を3ヶ月本気で取り組むだけで「英語嫌い」が治るなら簡単ではないですか?人生何度「英語を勉強したい」という気持ちになるかわからないからこそ、今頑張って3ヶ月「英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法」を参考に英単語を勉強してみてください。


経験談のみ!Keiの英語勉強体験記事一覧
  • 【体験談】英語苦手な自分が1ヶ月毎朝1700単語音読する単語勉強法を実際にやってみたの記事のアイキャッチ写真

    【体験談】英語苦手な自分が1ヶ月毎朝1700単語音読する単語勉強法を実際にやってみた

    関連記事を読む
  • 英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法の記事のアイキャッチ写真

    英単語が覚えれない大人はノートに書き込むな!効率的に英単語を覚えるおすすめ英単語勉強法

    関連記事を読む
  • 勉強の始め方!英単語を勉強してから薄い英文法の参考書をオススメする理由の記事のアイキャッチ写真

    勉強の始め方!英単語を勉強してから薄い英文法の参考書をオススメする理由

    関連記事を読む
  • 経験者が語る!英語を勉強するために海外または日本に住む外国人と有料出会い系アプリを使って出会う方法の記事のアイキャッチ写真

    経験者が語る!英語を勉強するために海外または日本に住む外国人と有料出会い系アプリを使って出会う方法

    関連記事を読む

英語が伸びてる実感を体感するために映画を見よう!

>>右にスワイプできます

コピペでできるCSSボタンマウスオーバーエフェクト集

ゴシップガール

コピペでできるCSSボタンマウスオーバーエフェクト集

ナイト・ミュージアム

コピペでできるCSSボタンマウスオーバーエフェクト集

プラダを着た悪魔

ニューヨークが舞台になっている人気の映画やドラマから英語をもっと好きになってみませんか?

英語が好きな方の多くが「ゴシップガール」や「ナイトミュージアム」などの人気ドラマをきっかけに英語の幅を広げている人もたくさんいます。ぜひこの機会に英語だけじゃなく、ニューヨークも好きになってください!

英語嫌いを克服した方のネクストステップ