中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

30代の隙間時間に英語を頭の良い人の「論理英語勉強術」を利用して習得したい人向けの英語勉強ブログ



2018/12/28

前置詞「out」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう

前置詞「out」は「何かの外」のコアイメージを持つ前置詞で日常生活でもよく使う前置詞の1つですが、この「何かの外」というコアイメージを意識しながら使うと中学生レベルの英語力でも様々な場面に前置詞「out」が使えることがわかります。

  • 1:「視点の違い」を意識した前置詞「out」
  • 2:「状態の違い」を意識した前置詞「out」

この記事では「視点の違い」と「状態の違い」に焦点を当てて前置詞「out」の使い方を紹介します。



1:「視点の違い」を意識した前置詞「out」

Kei
I asked her out.
(彼女をデートに誘った)

「視点の違い」とはあなたのいる場所から見た「何かの外」を意識したことを表します。もう少しわかりやすくいうと物体の◯が□の外にある感じです。つまり、上の例文でいうと(〜を外に(out)に誘う(ask)→〜をデートに誘う)という感じです。

get out of~ = ~の外の状況(out of~)を得る(get)→〜から出て行く
go out = 外に行く→外出する
keep out of~ = ~の外の状況(out of~)を保つ(keep)→〜に近づかない


他にも同じニュアンスでは上のような使い方があります。

「配布する」を意味する前置詞「out」

Kei
I handed out samples.
(サンプルを配布した)

「配布する」を意味する場合は□の中に自分が入っていて、外に◯を出すことをイメージするとわかりやすいです。

give out~ = ~他者に(out)与える(give)→〜を配布する
pass out~ = ~を他者に(out)渡す(pass)→〜を配布する
speak out = 自分の思っていることを他者に(out)話す(sepak)→思い切って意見を述べる


上の例だと「speak out」のように自分の思っていることが□になり、その思っていることを外にいる他者に話すことから「思い切って」というニュアンスが生まれています。

「除外・追放」を意味する前置詞「out」

Kei
I can’t rule out that possibility.
(その可能性を除外することはできない)

外に出すものが人の場合もあります。前置詞「out」には他者に配布すると同様に、他の領域に追放する意味なども表すことができます。上の例文だと「その可能性」を外に出すことができない(can’tが使われているため)というニュアンスが生まれています。

drive out~ = ~を他の領域に(out)動かす(drive)→〜を追放する
leave out ~ = ~を他の領域に(out)残す(leave)→〜を除く・除外する


「見えない」を意味する前置詞「out」

Kei
Watch out for car!
(車に気をつけて)

この「watch out(気をつけて)」という表現は会話でもよく使う表現です。これも「外を(out)見る(watch)→(見えない何かのために)見る→(〜に)警戒する・(〜に)気をつける」というニュアンスで生まれた言葉です。

Kei
Look out for pickpockets.
(スリに気をつけて)

「look out」も同じようなニュアンスで「look out for〜 → (〜のために)外を(out)見る(look) → 〜に警戒する・〜に気をつける」という意味になります。

「見える」を意味する前置詞「out」

Kei
I brought out a new book.
(新しい本を出版した)

先ほどの「見えない」と逆になりますが、考え方は同じで見えない□から◯を外に出すイメージです。上の例文の場合は本を出版することで世間の人に見えなかった部分が見えるようになる意味から前置詞「out」が使われています。

carry out ~ = ~を運んで(carry)見えるようにする(out) → (計画や約束などを)を実行する
come out = 見えるような状態(out)にやってくる(come) → 明らかになる・出版される
find out~ = ~を見つけて(find)見えるようにする(out) → 〜を見つけ出す
think out~ = ~を考えて(think)見えるようにする(out) → 〜を考え出す


「選び出す」を意味する前置詞「out」

Kei
I picked out a sneaker for the party.
(パーティーのためのスニーカーを選んだ)

前置詞「out」には見えにくい様々なものから、見えやすいように選び抜くというニュアンスを含んでいます。上の例文の場合はたくさんあるスニーカーの中から1つ選ぶ感じです。

single out ~ = ~を1つとって(single)見えるようにする(out) → 〜を選び出す
point out ~ = ~を指して(point)見えるようにする(out) → 〜を指摘する


「目立つ」を意味する前置詞「out」

Kei
The senaker stands out.
(このスニーカーは目立つ)

前置詞「out」には見えないものから見えるものにするということは「目立つ」という意味も含まれています。なので「stand out」の場合は見えるように(out)立つ(stand)→目立つというニュアンスです。

「わかる」を意味する前置詞「out」

Kei
I could make you out.
(あなたのことが理解できた)

「見えない→見える」は「わからない→わかる」という意味に変換することができます。なので上の例文の場合は「あなた」のことがわからなかった状態から見える状態に変わり「わかる」という状態に変わったことを意味しています。

figure out~ = ~を考えて(figure)わかるようにする(out) → 〜を理解する
turn out ~ = ~であるとわかる(out)ように向きが変わる(turn) → (〜であると)わかる
work out ~ = 働いて(work)~がわかるようにする(out) → (苦労して)〜を解く・〜を解決する




2:「状態の違い」を意識した前置詞「out」

  • 1:Aでない状態を□、Aの状態を◯とするイメージ
  • 2:Aである状態を□、Aでないの状態を◯とするイメージ

「状況の違い」を説明する上で2つのイメージを持つことが大切になります。どちらもよく使う表現なので覚えましょう。

Aでない状態を□、Aの状態を◯とするイメージ

Kei
He burst out crying.
(彼は急に泣き出した)

上の例文のように前置詞「out」には何かが起こってない状態から何かが起こる状態、つまり、何かが開始することを意味する形で使われることがあります。

「break out」は「Aの状態に(out)壊れる(break) → Aの状態に突然なる → 突然発生する・勃発する」という意味になります。他にも「set out」は「〜する状態に(out of)位置付ける(set) → 〜し始める・出発する」という意味になります。

Aである状態を□、Aでないの状態を◯とするイメージ

Kei
The sneaker sold out.
(このスニーカーは完売した)

先ほどの「Aでない状態を□、Aの状態を◯とするイメージ」を反対にしただけです。

上の例文だと「sell out」で「〜を完全に(out)売る(sell) → 〜を売り切る」という意味になります。つまり、元々在庫があった状態から在庫がない状態にしたイメージです。

wear out ~ = ~を完全に(out)着る(waer) → 〜を使い古す・〜を疲れさせる
wipe out ~ = ~を完全に(out)ぬぐい去る(wipe)


Kei
I put out the lights.
(灯りを消した)

上の例文も同じイメージで「灯りがついている状態から灯りがついてない状態へ」の変化を表しています。つまり、「Aでない状態に」なることも表しています。

Kei
The sneaker is out of fashion.
(このスニーカーは流行遅れだ)

またよく前置詞「out」と一緒に使われるのが「out of 名詞」の形です。これは「前置詞「in」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう」の記事で紹介した前置詞「in」の中で紹介した「be in 名詞(名詞の状態である)」の逆の意味になります。

out of control = 制御していない状態である → 制御不可能である
out of fashion = 流行の外にいる → 流行遅れである
out of order = 正常な状態の外にいる → 故障している
out of work = 働いていない状態である → 失業している
run out of ~ = ~がない状態に(out of)進む(run) → 〜を使い果たす


前置詞「in」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えようの記事のアイキャッチ写真

前置詞「in」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう

関連記事を読む

Kei
I talked her out of marrying him.
(彼女が彼と結婚しないように説得した)

他にも「Aを□の中から出す」と言うときにも前置詞「out」を使うことが出来ます。上の例文の場合は「talk A out of ~ing」で「話して(talk)Aが〜しないようにさせる(out of ~ ing) → Aに説得して〜しないようにさせる」と言う意味があります。




英語をしっかり勉強したい人向け

30代で本格的に英語を勉強したい人向けにオススメの英語教材や留学のご紹介をしています。30代の大切な「時間」を使って、英語を習得してください!

【スマホアプリ&オンライン授業】

【外国人と出会えるアプリ】

  • 日本に興味のある外国人と出会えるアプリ「Pairs」(出会い系サービス)【女性無料】
  • 【語学留学(海外)】

    【駅前留学(日本国内)】

    【自分が勉強で使っている教材】

    海外トレンド調査ブロガー

    NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY好きの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

    こんな人が参考になる英語勉強サイトです

    • 30代で隙間時間で英語が勉強したい方

    • 中学生英語から勉強し直したい社会人の方

    • 英語の勉強に何度も挑戦して失敗している方


    スマホで出来るおすすめ英会話

    7日間無料体験付き

    Keiも利用中のサービス

    スタディサプリENGLISH

    スマホで英語の勉強をするならリクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」がおすすめです!日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!


    Keiが思うメリット

    ニューヨークに移住して英語を勉強する際に「日本人が勉強しやすい英語勉強法ってなんだろう?」と色々考えた結果、日常会話で実際に使っているシーンを想像しながら勉強することだと最近気付きました。この「スタディサプリENGLISH」ではファイナルファンタジーや逆転裁判のシナリオ製作を手がけたジンテーゼ社がレッスンのストーリーを作っており、ニューヨークで生活する中でも「あ!この表現使う!」と思うフレーズが多いので勉強しやすいです。

    また、1日33円で生きた英語がスマホから勉強できるのは隙間時間の使い方としてはピッタリです!

    Keiが思うデメリット

    正直デメリットが見つかりません。

    強いていうなら、1日33円の費用がかかるくらいですが、これほど生きた英語がストーリー仕立てで見られるのを考えるとめちゃくちゃ安いです。それに予約不要でレッスンを好きなだけ受けられて日常英会話とビジネス英会話の両方がスマホから勉強できる英会話サービスなんて聞いたことありません。

    おすすめオンライン英会話

    7日間無料体験付き

    Keiも利用中のサービス

    ネイティブキャンプ

    もしあなたが自分と同じように英語圏国民のような完璧な英語を習得したいのではなく、スタートラインである中学生英語(約1500程度の英単語)を軸に、確実に相手の話す内容が理解出来るように、 自分の意思が相手にしっかり伝わる英語「グローバルイングリッシュ」を身に付けたいなら自分も利用中の「ネイティブキャンプ」がオススメです!


    Keiが思うメリット

    多くの先生がフィリピン人の方で国柄から「優しい」教え方をしてくれるのでストレスなく1日何度でも無制限で授業が受けれるので、時間が空いた数十分の間にスマホアプリから授業を受けることがよくあります。また自分自身が授業を受けてみてわかったのが、様々な年齢の先生から先生を選ぶ際は話があうのと、同年代の話し方を覚える意味でも自身の年齢に近い先生を選ぶのがオススメなのと、英語に慣れてきたら自分自身もやっている「英語日記添削」をしてもらうと英語スキルが一気に伸びます。

    英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

    Keiが思うデメリット

    時間によっては常駐してる先生の数が10名前後と少ないので、あなたのお気に入りの先生が見つからない可能性もあります。また初めは英語を話すのが恥ずかしいかもしれないですが、英語を話せるようになるためには英語で話す慣れは大切です。毎日勉強した量だけがあなたのスキルになることを忘れないように!

    おすすめ英単語本

    Keiが使ってる英単語本

    英単語ターゲット1200

    中学生英語は英語の基本です!中学生英語を理解しないまま、ニューヨークに移住して、英語の壁に何度もぶち当たって、何度も英語から逃げた経験者が言うので間違い無いです。なので、英語のスキルが欲しい人はまずは中学生英単語を勉強しましょう。


    Keiが思うメリット

    中学生英単語なので日常でも見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」と思うような英単語ばかりなので、ストレスなく英語単語が勉強できます。また、ニューヨークに住んでわかったのが日常会話で使う英語は中学生英語が理解できれば大体は理解できますので、英語のスキルが欲しいならまずは中学生英単語です!

    Keiが思うデメリット

    英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。もし通勤時間などの隙間時間に英語の勉強がしたい人はこの「英単語ターゲット1200」は単語アプリがあるので、そちらを活用しましょう!


    NewYorker English|管理人情報

    管理人のKeiです。

    NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したWebマーケティングが得意。バイヤー経験とNYでの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

    自己紹介


    人気投稿

    • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


      続きを読む

    • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


      続きを読む

    • 「それで」「だから」「なので」と英語で伝えたいの接続語を覚えよう


      続きを読む

    • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


      続きを読む

    • 「〜にとって」を意味する前置詞「for」と「to」の違い


      続きを読む

    自分のレベルに合わせて、英語を話す、聴く力を伸ばしたい方向け

    日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、自分自身も日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!

    7日間無料でお試しはコチラ