中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

忙しい社会人でも3ヶ月で「英語嫌い」が治る英語勉強法



2019/03/21

2語以上のカタマリで1つの助動詞の意味になる表現方法

英語の基本!助動詞「will/can/may/must/should/shall」が持つ意味とは?」の記事で基本助動詞6つを紹介しましたが、この記事では2つ以上の単語のカタマリで1つの助動詞の意味を持つ表現方法を紹介します。

英語の基本!助動詞「will/can/may/must/should/shall」が持つ意味とは?の記事のアイキャッチ写真

英語の基本!助動詞「will/can/may/must/should/shall」が持つ意味とは?

関連記事を読む

1:「〜したほうがいい」を意味する「had better + 動詞の原形」

Kei
You had better to go to your friends house.
(友達の家に行ったほうがいいよ)

「〜したほうがいい」と意味で覚えると「〜するべき」を意味する助動詞「should」と混乱して使ってしまいますが、助動詞「should」には相手を不愉快にするような意味合いは含んでおらず、婉曲的で丁寧な表現でありますが、それに対しては「had better」は警告や脅し、命令じみたニュアンスが含まれており、「友達の家に行ったほうがいいよ!(行かないと何かあるかもよ…)」という意味合いが込められます。

なので、年上や目上の人には使わないことをオススメします。

「had better not + 動詞の原形」の意味

Kei
I had better not go to your friend house.
(友達の家に行かないほうが良い)

「had better」の否定文は「had better not + 動詞の原形」で「〜しないほうが良い」という意味になります。否定文を作る際に「not」の位置を間違える方が多いですが、「had better not」の順番になります。

「had best + 動詞の原形」で「〜するのが一番良い」

Kei
You had best leave now.
(今出発するのが一番良い)

「had best」を使う際も警告や脅し、命令じみたニュアンスが含まれている状態で「〜するのが一番良い」と伝えたいときに使います。

否定文は「had better not」同様に「had best not」の形になり、「〜しないのが一番良い」という意味になります。

「ought to + 動詞の原形」と助動詞「should」の違い

Kei
You ought to go there soon.
(すぐそこに行くべきだ)

「ought to」も助動詞「should」と同じ「〜するべき」という意味を持っていますが、「had better」同様に警告や脅し、命令じみたニュアンスを含んでいます。なので、上の例文だと「すぐにそこに行くべきだよ!行かないと後々大変かもよ…」というニュアンスが含まれています。

そして、否定文で使う場合は「ought not to」と「ought」の後ろに「not」が置かれますので、ご注意ください。

また「ought to」は今では小説などでしか使われない言い方になります。



2:「よく〜したものだった」と過去の習慣を表す「used to」

Kei
I used to go to a sneaker shop before.
(以前はスニーカーショップによく行っていた)

「used to」は「過去の習慣」を表しており、意味としては「前は〜したものだった/前は〜だった」と過去の習慣を伝えたいときに使う助動詞で後ろには動詞の原形が使われます。

注意しないといけないのは「過去の習慣」の中でも「今はやっていないけど、昔はやっていたこと」を伝えたいときに使います。

もし今現在も行なっている過去から続いている習慣をいうときは「助動詞「Would」の4つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!」で紹介した助動詞「would」を使って表現します。

また、「used to」と「be used to」の違いについては「英語が苦手な人でもわかる!「used to」と「be used to」の正しい使い方」の記事で紹介していますので、そちらも合わせてお読みください。

助動詞「Would」の4つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!の記事のアイキャッチ写真

助動詞「Would」の4つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!

関連記事を読む

英語が苦手な人でもわかる!「used to」と「be used to」の正しい使い方の記事のアイキャッチ写真

英語が苦手な人でもわかる!「used to」と「be used to」の正しい使い方

関連記事を読む



3:「むしろ〜したい」を表す助動詞「would rather + 動詞の原形」

Kei
I would rather go to NY than go to Japan.
(日本に行くよりもむしろニューヨークに行きたい)

助動詞「Would」の4つの特徴を知って、苦手意識を克服しよう!」で紹介した助動詞「would」と副詞の「rather(むしろ)」が組み合わさった「むしろ〜したい」を意味する助動詞になります。

「would rather A than B」で「BよりもむしろAしたい」という意味になります。

注意して欲しいのが否定文にするときは「would rather not」と「not」の位置は「rather」の後ろになります。



4:助動詞「may」と「well」を使った助動詞の組み合わせ

Kei
I may as well go to NY as lend money to you.
(君にお金を貸すくらいならニューヨークに行ったほうがましだ)


「may/might as well + 動詞の原形 as B」で「Bするくらいなら〜したほうがましだ」の意味になり、

Kei
You may well be surprised at the news.
(君がそのニュースに驚くのはもっともだ)

「may/might well + 動詞の原形」で「〜するのはもっともだ」の意味になります。この2つは暗記して覚えましょう。



5:過去に実際に起こってしまった出来事を後悔するニュアンスを含む「need not have + PP(過去分詞)」

Kei
You need not have came at 10pm.
(10時に来る必要なかったのに)

「need not have + PP(過去分詞)」で実際にしてしまった出来事に対して「〜する必要はなかった」と後悔の念を伝えるときに使う表現になります。



6:過去に実際に起こってない出来事を後悔するニュアンスを含む「should have + PP(過去分詞)」

Kei
You should have seen the view.
(その景色は見るべきだった)

「have should + PP(過去分詞)」で実際には起こらなかった出来事に対して「〜するべきだったのに」とやらなかったことを悔やむときに使う表現になります。



7:過去の出来事を推察する助動詞3つ

Kei
He can’t have gone there.
(彼がそこに行くはずがない)

過去の出来事を推察する助動詞は「〜したかもしれない」を意味する「may/might have PP(過去分詞)」、「〜したに違いない」を意味する「must have PP(過去分詞)」、「〜したはずがない」を意味する「can’t have PP(過去分詞)」の3つになります。

この3つも日常会話でよく使われる表現なので暗記しましょう!






人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 前置詞「against」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 「私も!」と言うときに「me too」ではなく「you too」が使われる時がある


    続きを読む

  • ifって4つも使い方があるって知ってた?「もし〜」と英語でいう時は要注意


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

スタディサプリ

スマホからニューヨークを舞台に繰り広げられるドラマストーリーを見ながら、いつでもどこでも簡単に英会話が学べる進化した英語アプリ「スタディサプリENGLISH」が隙間時間の勉強にオススメ!

詳細はコチラ


ブログ運営者

Kei | 小さなニューヨーカー

NYC依存歴15年以上、ニューヨーカーと秒速結婚して移住。移住後は起業したり、離婚&無一文ホームレスになったりとか中々経験できないことを色々経験済。90’ NYCカルチャーとスニーカー好き。経営者として忙しい毎日の中で効率的に英語を覚える方法を研究し、2021年までに目標としている英語力を身につけられるように毎朝4時に起きて勉強しています!朝活の様子はインスタのストーリーで毎日配信しています。

【僕の目標】

日時 目標
2020年7月 「ターゲット1700」の単語と英熟語の暗記
2020年8-10月 「ターゲット1700」の例文の暗記
2020年11-12月 「京大生が書いたイメージで繋がる英熟語
2021年内 「DUO3.0」の単語の暗記/ニューヨーク州〇〇ライセンスを取る

3ヶ月で英語が”ちょっと”聞こえる耳になる勉強法

  • 単語・英熟語(音読法)

    毎日「ターゲット1200」の単語と英熟語を全てを音読して、歌を覚えるように単語を読み上げて、覚えます。「Thank you=ありがとう」と意識しなくても単語や英熟語が変換できるようになると相手の話を理解したり、伝えたいことが伝えられるようになります。

    詳細はコチラ

  • 例文(音読法)

    「単語の意味を頭の中で変換すること」と「覚えた単語を会話内で使いこなすこと」はまた別になります。覚えた単語や英熟語をどのように使うのかを単語帳内で紹介されている例文を丸暗記することで、覚えた単語や英熟語が文章で使えるようになります。

  • 英会話(実践)

    ニューヨークに住んでいるからこそわかるのですが、「中学生英語が出来たら会話ができる」とよく言われますが、これは本当です。あとは覚えた英語をオンライン英会話を利用して実際に使って、自然に使えるようにトレーニングすれば英語脳の完成!

    詳細はコチラ


まずは3ヶ月間頑張ろう!
「英単語音読法」

↑「ターゲット1200」を音読勉強してる時の風景

英語を好きになるにはまず会話の内容がわかるようになる必要があります。

そして、結論を先に言うと相手の話している単語がわかれば全体の内容を把握することが出来ます!日本語でも会話を聞いてる時は会話の単語、単語を頭の中で繋げて会話全体の内容を把握していますが、これはどんな言語でも同じです。 なので、英語嫌いの人は「英単語」をまずは頭に入れることで英語の楽しさを知ることができるので、会話を理解する上で必要な中高生で学ぶ英単語を覚えましょう!

このブログで紹介している「音読勉強方法」は東大や医大生などが実際にやっている最短で英単語を覚える効率的な勉強方法です。この音読勉強方の効果と勉強方法の詳細はコチラで書いています。「Thank you=ありがとう」と意識しずに頭の中で変換されるように、意識しずに覚えた単語や英熟語が変換されるまで毎日音読を続けましょう!

  • 1:英語が苦手な方はスタートはわからない単語がほとんどになりますが、歌を覚える感覚で毎日1700単語全て音読することが目的です。「ターゲット1200」が提供している発音アプリを使うことで簡単に音読勉強がスタートできます。初めは毎日続けるのが辛いですが、頑張りましょう!音読勉強を毎日進めると頭に入らない単語がわかってきますので、わからない単語は単語シートに書いて隙間時間に覚えましょう。(1ヶ月ほど毎日続けると成長を体感することが出来ます)

  • 2:単語と英熟語を覚えることで「会話」を理解することはできるようになりますが、実際に自分の言葉を話すときに覚えた英語が使えるか?と言うと違います。覚えた単語を会話内で活用するためには覚えた単語と英熟語がどのように会話で実際に使われているのかを知る必要があります。そこでオススメなのが「ターゲット1200」のページの左側にある例文を音読して丸暗記する勉強法です。脳に「使い方」を覚えさせることで相手に英語で何か伝えたいときに覚えた単語と英熟語を使いこなすことが出来ます。例文を覚えるには文法も絡んでくるので単語を覚えるよりも時間がかかりますが、音読方法なら必ず暗記することが出来ます。(単語・英熟語→例文の順番で音読しましょう)


「ターゲット1700」丸暗記チャレンジ!

よく「英語の参考書を1冊覚えたら英語力が上がる!」と言われますが、それが本当か、どうかを確かめるために2020年7月から毎朝4時に起床して、英語を勉強する朝活を始めました!僕のインスタグラムのストーリーにて毎日報告していますので、実際に1冊覚えたらどうなるか気になる人はフォローください!
日時 目標
2020年7月 「ターゲット1700」の単語と英熟語の暗記
2020年8-10月 「ターゲット1700」の例文の暗記
2020年11-12月 「京大生が書いたイメージで繋がる英熟語
2021年内 「DUO3.0」の単語の暗記/ニューヨーク州〇〇ライセンスを取る

この英語ブログで紹介してる
教材一覧(Amazon)


日本に住みながら英語環境を
作りたい人向け

僕はニューヨークに住んでいるので英語を日常の中で必然的に英語を話たり、聞いたりする機会があるので、覚えた単語や英熟語を使う機会もありますが、日本在住の方だと難しいと思います。そんな方にオススメなのが「オンライン英会話」と「シャドーイング」です。オンライン英会話は実際に外国人と会話をして英語力をあげる方法と実際に映画の役者になったつもりでニューヨーカーの英語をアプリを使って何度もシャドーイングをする方法の2つがオススメです!アウトプットすることに慣れましょう!