中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログ



2018/10/30

英語が話せなくてもOK!ニューヨーク旅行の際に入国審査で使える英語フレーズ

英語が苦手な向けにアメリカに入国する際に入国審査で使えるフレーズを紹介します。フレーズ内で使っている英語も中学生レベルの英語になるので簡単に使えます。

  • 1:入国審査で使える英語フレーズ
  • 2:質問後に入国審査官に言われる英語フレーズ

またニューヨーカーの英語は早くて、聞き取れないことで有名ですが、わからない時は「Could you say that again?(もう一度言ってください)」と聞いて、英語が伝わらなくても焦らないで言いたいことをゆっくり言いましょう。



入国審査で使える英語フレーズ

入国審査官
Next please.
(次の方どうぞ)

飛行機が到着してイミグレーションに行くとスタッフが旅行者とビザ所有者に列を分けて案内していますので、スタッフの指示に従って移動してください。そして、あなたの番になると入国審査官が上の英会話フレーズであなたを呼びます。

入国審査官
May I see your passport?
(パスポート見せてくれますか?)

Kei
Here you are.
(どうぞ)

入国審査ではパスポートを初めに提出するのですが、アメリカに入国する際にESTA(エスタ)が必要になるので、ESTAをまだ取得してない人は「ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用について」の記事を参考にESTAを渡米前に取得してください。

ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用についての記事のアイキャッチ写真

ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用について

関連記事を読む

ESTAとは、訪問者がVisaWaiverProgram(VWP)で渡米する適格性があるか、そしてその渡航が法の執行あるいは安全保障のいずれも脅かす危険性がないかを事前に 審査するための自動システムのことです。


パスポートをチェックすると次の3つの質問は必ずされます。

  • 1:アメリカに来た目的
  • 2:アメリカの滞在期間
  • 3:アメリカでの滞在先

落ち着いて話せば問題なく通過できますので、渡米前にチェックしておきましょう。

1:アメリカに来た目的

入国審査官
What is the purpose of your visit?
(何の目的できましたか?)

Kei
Sightseeing.
(観光です)

初めに入国審査官に聞かれるのはアメリカに今回来た目的です。目的は人それぞれだと思いますので、英語が苦手な人は単語で返答するといいと思います。

  • ・Sightseeing(観光)
  • ・Business(仕事)
  • ・to study(留学)

Kei
I’m here to visit my friend.
(友達に会いに来ました)

もし宿泊先がニューヨークに住んでいる友達の家の場合は上のフレーズを使うと後で聞かれる「アメリカでの滞在先」の際に、

Kei
I’m going to stay at my friend.
(友達に家に泊まります)

と話がスムーズに入国審査官に言うことができます。

2:アメリカの滞在期間

入国審査官
How long will you stay in USA?
(アメリカにどれくらいいますか?)

Kei
1 week.
(1週間です)

次にニューヨークでの滞在期間を聞かれますので、簡単に「(数字)days」と答えるだけでも伝わります。

Kei
I will return home on the 10th of May.
(5/10に帰ります)

また帰る日が決まっているなら日付を指定して、帰りのチケットのEチケットなどを見せると入国審査官も「この人はアメリカに不法滞在しず、ちゃんと日本に戻るんだな」と思う方が多いと思います。

3:アメリカでの滞在先

入国審査官
Where are you going to stay?
(どこに泊まりますか?)

Kei
At my friend house.
(友達の家です)

次に聞かれるのが宿泊先です。これも人によって泊まる場所が異なりますので、

ホテルの場合は上のフレーズと一緒にホテルの予約ページのコピーなどを見せると入国審査官も滞在中は記載のあるホテルに本当に泊まると思う方が多いと思います。

もし友達の家に泊まる場合は友達の家の住所は控えておいたほうがいいです。

たまに友達が空港にピックアップに来てくれるから住所を控えてない人がいますが、それは入国拒否されてしまう原因になってしまう場合があります。必ず宿泊先の住所は控えておきましょう。

Kei
Sorry,I’m not good at speaking English.Could you speak more slowly please?
(ごめんなさい、英語を話すのが苦手なのでもう少しゆっくり話してもらえますか?)

他にも入国審査官に聞かれることがあるかもしれないですが、上の3つの質問の回答をしっかりしていれば問題なく入国できます。また何を話してるかわからないときは上の英会話フレーズを使いましょう。



2:質問後に入国審査官に言われる英語フレーズ

入国審査官
Press four fingers on your right hand,please
(右手の親指を(スクリーンの上に)置いてください)

アメリカに入国するときは指紋をデータで取られます。もし英語が聞き取れなくても親切に「指をここにおいて」と言ってくれる場合が多いので緊張せずに指を支持された通りおきましょう。

入国審査官
Look at the camera, please.
(カメラを見てください)

最後に顔写真を撮らないといけないので、このときはメガネや帽子は全て取ってください。

入国審査官
Here you are. Enjoy your stay.
(どうぞ、いい旅を)

全て完了するとパスポートを返却されるので、受け取って入国しましょう。

別室に連れて行かれた場合

入国審査官
Please move over there.
(あちらに移動してください)

入国審査で怪しい対応をしていると面談後に別室に連れて行かれてしまう場合がありますが、動揺してしまいますが落ち着いて旅行に来たことだけを話しましょう。


実際に自分自身1度別室に連れて行かれたことがありますが、ちゃんと本当のことを伝えれば何もなかったかのように入国しました。

ですが、別の知り合いで本当はニューヨークで働くために渡米したことが彼女のスマホの履歴からバレて強制送還されてしまい、しばらくの間アメリカに入国ができなくなってしまいました。もし仕事をする場合は働くことが可能なビザを取得してから渡米しましょう。

初めてニューヨークに旅行に行く人は「英語を話すの怖いな…」と思うかもしれないですが、ニューヨーカーはフレンドリーで気さくに話してくれますし、ニューヨークは「移民の街」と言われるくらいで英語が話せない人もたくさん住んでいるのでニューヨーカーも英語が苦手な人への対応は他の州に比べるとかなり優しいので英語が苦手でも安心して自分の言いたいことを話してみてください!




海外トレンド調査ブロガー

NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY好きの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

こんな人が参考になる英語勉強サイトです

  • ニューヨーク旅行帰りで英語を勉強したい方

  • 中学生英語から勉強し直したい社会人の方

  • 英語の勉強に何度も挑戦して失敗している方


スマホで出来るおすすめ英会話

7日間無料体験付き

Keiも利用中のサービス

スタディサプリENGLISH

スマホで英語の勉強をするならリクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」がおすすめです!日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、自分自身も日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!


Keiが思うメリット

ニューヨークに移住して英語を勉強する際に「日本人が勉強しやすい英語勉強法ってなんだろう?」と色々考えた結果、日常会話で実際に使っているシーンを想像しながら勉強することだと最近気付きました。この「スタディサプリENGLISH」ではファイナルファンタジーや逆転裁判のシナリオ製作を手がけたジンテーゼ社がレッスンのストーリーを作っており、ニューヨークで生活する中でも「あ!この表現使う!」と思うフレーズが多いので勉強しやすいです。

また、1日33円で生きた英語がスマホから勉強できるのは隙間時間の使い方としてはピッタリです!

Keiが思うデメリット

正直デメリットが見つかりません。

強いていうなら、1日33円の費用がかかるくらいですが、これほど生きた英語がストーリー仕立てで見られるのを考えるとめちゃくちゃ安いです。それに予約不要でレッスンを好きなだけ受けられて日常英会話とビジネス英会話の両方がスマホから勉強できる英会話サービスなんて聞いたことありません。

おすすめオンライン英会話

1ヶ月無料体験付き

Keiも利用中のサービス

ネイティブキャンプ

もしあなたが自分と同じように英語圏国民のような完璧な英語を習得したいのではなく、スタートラインである中学生英語(約1500程度の英単語)を軸に、確実に相手の話す内容が理解出来るように、 自分の意思が相手にしっかり伝わる英語「グローバルイングリッシュ」を身に付けたいなら自分も利用中の「ネイティブキャンプ」がオススメです!


Keiが思うメリット

多くの先生がフィリピン人の方で国柄から「優しい」教え方をしてくれるのでストレスなく1日何度でも無制限で授業が受けれるので、時間が空いた数十分の間にスマホアプリから授業を受けることがよくあります。また自分自身が授業を受けてみてわかったのが、様々な年齢の先生から先生を選ぶ際は話があうのと、同年代の話し方を覚える意味でも自身の年齢に近い先生を選ぶのがオススメなのと、英語に慣れてきたら自分自身もやっている「英語日記添削」をしてもらうと英語スキルが一気に伸びます。

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

Keiが思うデメリット

時間によっては常駐してる先生の数が10名前後と少ないので、あなたのお気に入りの先生が見つからない可能性もあります。また初めは英語を話すのが恥ずかしいかもしれないですが、英語を話せるようになるためには英語で話す慣れは大切です。毎日勉強した量だけがあなたのスキルになることを忘れないように!

おすすめ英単語本

Keiが使ってる英単語本

英単語ターゲット1200

中学生英語は英語の基本です!中学生英語を理解しないまま、ニューヨークに移住して、英語の壁に何度もぶち当たって、何度も英語から逃げた経験者が言うので間違い無いです。なので、英語のスキルが欲しい人はまずは中学生英単語を勉強しましょう。


Keiが思うメリット

中学生英単語なので日常でも見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」と思うような英単語ばかりなので、ストレスなく英語単語が勉強できます。また、ニューヨークに住んでわかったのが日常会話で使う英語は中学生英語が理解できれば大体は理解できますので、英語のスキルが欲しいならまずは中学生英単語です!

Keiが思うデメリット

英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。もし通勤時間などの隙間時間に英語の勉強がしたい人はこの「英単語ターゲット1200」は単語アプリがあるので、そちらを活用しましょう!


NewYorker English|管理人情報

管理人のKeiです。

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したWebマーケティングが得意。バイヤー経験とNYでの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

自己紹介

> 有料会員限定記事はコチラ


人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

  • 「それで」「だから」「なので」と英語で伝えたいの接続語を覚えよう


    続きを読む

  • 「Why don’t you」と「Why don’t we」を使い分けて英語力をあげよう


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む

自分のレベルに合わせて、英語を話す、聴く力を伸ばしたい方向け

日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話を紹介!1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が続出のスマホから利用できる英会話サービス「スタディサプリENGLISH」はおすすめです!

7日間無料でお試しはコチラ