中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

忙しい社会人でも3ヶ月で「英語嫌い」が治る英語勉強法



2019/01/07

前置詞「of」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう

前置詞「of」は元々「前置詞「off」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう」で紹介した前置詞「off」から生まれた前置詞と言われています。そのため前置詞「of」が持つ「分離」というのは前置詞「off」が深く関係しています。

  • 1:「全体の中の1部」を意味する前置詞「of」
  • 2:「一部が取れる」を意味する前置詞「of」
  • 3:「関連と原因」を意味する前置詞「of」
  • 5:「目的語」を意味する前置詞「of」
  • 5:「性質」を意味する前置詞「of」

この記事では前置詞「of」が持つコアイメージ「ちぎった一部」を上の5つの使い方に分けて紹介します。コアイメージから前置詞「of」を理解すれば英語の幅が広がります。

前置詞「off」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えようの記事のアイキャッチ

前置詞「off」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう

関連記事を読む



1:「全体の中の1部」を意味する前置詞「of」

Kei
I’m a member of the soccer club.
(私はサッカークラブのメンバーです)

前置詞「of」でよく使われているのが「全体の中の1部」を意味する前置詞「of」になります。

前置詞「of」はイメージとして丸い柔らかいボールをちぎった一部をイメージするとわかりやすいです。なので上の例文を例にすると「a member of the soccer club」の場合は「一部 of 全体」、つまり、丸の部分を「the soccer club」になり、ちぎった一部の部分が「a member」である私ということになります。

Kei
I got a bit of money from the job.
(その仕事で少しのお金を得た)

このイメージが理解できると会話でよく使われる「a bit of~(少しの〜)」と「a body of~(多くの〜)」の使い方が理解できます。丸いボールの「少しを選び出す」のか「多くを選び出す」のかの違いです。

a handful of~ = 〜の一握り(a handful)→ 少しの)
a small number of ~ = 少量の〜
a touch of~ = 〜の触れる(a touch)だけ → 少しの〜


a body of~ = ~の塊(body) → 多くの〜
a great deal of ~ = 多量の〜
a number of ~ = 多数の〜
scores of~ = 多くの〜




2:「一部が取れる」を意味する前置詞「of」

Kei
The man robbed me of my sneaker.
(その男は自分からスニーカーを奪った)

次に前置詞「of」でよく使われるのが冒頭に紹介した前置詞「off」と関係性がある「分離」の考え方です。

前置詞「of」は元々「離れる」を意味する前置詞「off」から生まれた前置詞になります。これも丸いボールの一部が分離するイメージで考えるとわかりやすいです。なので、上の例文の場合は自分が持っている色々なもの(丸いボール)からスニーカーが分離したというイメージを持つとわかりやすいです。

また「奪う」という表現に「steal A from B(AからBを奪う)」という表現もありますが、この場合は「ごっそり奪われる」イメージがあり、この記事で紹介している前置詞「of」を使った「rob A of B(AからBを奪う)」では強引に剥ぎられるイメージがあります。

deprive A of B = Aが持っていたBを奪う → AからBを奪う
strip A of B = Aが身につけていたBを剥ぎ取る → AからBを剥ぎ取る


「取り除く」を意味する前置詞「of」

Kei
The doctor cured him if cancer.
(医者は彼の癌を直した)

「分離」の考え方から「取り除く」という意味合いでも前置詞「of」は使われます。上の例文を例にすると「彼」というものから「癌」を分離させる、つまり「取り除く」ことを表しています。

clear A of B = Aが持っていたBを片付ける(clear) → AからBを取り除く
free A of B = Aが持っていたBを自由にする(free) → AからBを取り除く
relieve A of B = Aが持っていたBを取り除く(relieve) → AからBを取り除く




3:「関連と原因」を意味する前置詞「of」

Kei
The photo reminds me of my childhood.
(その写真は子供の頃を思い出す)

丸のボールが自分自身だとしたときに、上の例文だと自分の中から「子供の頃」に関連した「事柄」を思い出すというイメージです。

このように前置詞「of」には「関連」という意味で使われる場合があります。

hear of ~ = ~について聞く
assure A of B = AにBを確信させる
inform A of B = AにBを知らせる
suspect A of B = BのことでAを疑う


Kei
She died of cancer.
(彼女は癌で死んだ)

また前置詞「of」は「関連」から「原因」という考え方も生まれました。上の例文だと丸いボールは彼女の色々な状況を表していて、その様々な状況から「癌」が「関連」して死んだというイメージです。

accuse A of B = BのことでAを非難する/BのことでAを訴える
be sick of~ = ~が原因で病気だ → 〜にうんざりした
be tired of ~ = ~が原因で疲れた → 〜にうんざりした




4:「目的語」を意味する前置詞「of」

Kei
I was consciouse of her presence.
(私は彼女の存在を意識していた)

次に「目的語」を意味する前置詞「of」の使い方を紹介します。上の例文だと「I was consciouse(私は意識していた)」という文章では「何を意識したの?」と目的語がわからないですが、先ほどの「関連」の意味を持つ前置詞「of」を使うと「目的語」の部分を前置詞「of」が助けてくれます。

自動詞 + 前置詞「of」

Kei
I dusposed of my sneakers.
(自分のスニーカーを処分した)

自動詞と他動詞って何?そもそも使い分けないのダメなの?と悩む僕みたいな人へ」の記事で紹介した「自動詞」には目的語を直接置くことができないので前置詞「of」を使う必要があります。

自動詞と他動詞って何?そもそも使い分けないのダメなの?と悩む僕みたいな人への記事のアイキャッチ写真

自動詞と他動詞って何?そもそも使い分けないのダメなの?と悩む僕みたいな人へ

関連記事を読む


boast of ~ = 〜を自慢する
dream of ~ = 夢にも〜を思わない
beware of ~ = 〜に用心する


be 形容詞 + 前置詞「of」

Kei
You shoube be afraid of him.
(君は彼に恐れている)

形容詞も自動詞と同じように直接目的語を取ることができないので前置詞「of」を使います。

be ashamed of = 〜を恥ずかしく思う
be aware of ~ = 〜を意識している
be fond of ~ = 〜が好きだ
be jealous of ~ = 〜を妬んでいる
be sure of ~ = 〜を確信している




5:「性質」を意味する前置詞「of」

Kei
His opinion is typical of Americans.
(彼の考え方はアメリカ人の典型だ)

最後に「性質」を意味する前置詞「of」の使い方を紹介します。上の例文を例にすると丸ボールは「典型的(typical)」でちぎった部分は「Americans(アメリカ人)というイメージなり、「be typical of~」で「〜の性質で典型である」という意味から「〜の典型である」と訳されます。

つまり、前置詞「of」は誰か(あるいは何か)の性質という意味を持っています。

Kei
The same is ture of NYC.
(同じことがニューヨークにも当てはまる)

上の例文も性質の意味を表していて、「be ture of~ = 〜の性質として(of~)本当である → 〜に当てはまる」という感じです。性質はイメージをつかむのが難しいですが、前置詞「of」が持つコアイメージ「ちぎった一部」をイメージすると理解しやすいです。

hold ture of ~ = 〜の性質として(of~)本当である(hold true) → 〜に当てはまる
come of age = 成年のせい捨の方に(of age)くる(come) → 成人になる



英語を効率的に習得するには?

Yuki
英単語がなかなか覚えられない...
何度やってもすぐ忘れてしまう。汗

こんな経験ってありませんか?

僕は過去に、単語帳や参考書にかじりついて、英単語や文法の使い方をひたすら暗記する、という方法で学習していました。
しかし、数日後には「あれ?何だったかな。。。」と忘れてしまう。汗

こんなことが日常茶飯事でした。

しかし、この「覚えられない」「忘れてしまう」というのは、人間の脳のメカニズムを考えると仕方のないことなのです。
人間の脳は「忘れる」ように出来ており、必要最低限のことしか覚えられません。

じゃあ英語を効率的に身に着けるにはどうしたらよいか?

そのポイントは「五感」と「復習」です。

そしてそれらを同時に進行するには、現代の神器「スマホ」がとにかく効果的なんです。

英語の習得にアプリが効率的な理由

まず最初のポイントは「五感」です。

例えば、フランスのパリの映像をテレビで1時間見るのと、実際にパリの街を1時間歩くのとでは、圧倒的に記憶に違いが出ますよね。
行き交う人々の会話や雑踏、肌で感じる風の冷たさ、カフェから漂う香りなど、五感が刺激されることで強い記憶となって脳に残ります。

単語帳や参考書をひたすら覚えるなどの”単調な作業”だと、脳の記憶の効率が非常に悪いわけです。

しかし、スタサプEnglishなどのアプリを使うと、英会話の状況を目で見ながら、音で記憶し、シャドーイングで自ら声を出したり、ディクテーションで英文を書いたりして覚えられます。
1つの英単語や用法を覚えるのに五感が作用するので、非常に効率的な記憶方法となっています。

五感を使って覚えた単語は、忘れにくいです。

2つ目のポイントは「復習」です。
ドイツの心理学者の実験によると、人は1時間後には50%、24時間後には70%、1か月後ではほとんど記憶に残っていないらしいです。汗

Yuki
悲しい事実だね。。。

それを防ぐのが復習です。
反復的に情報をインプットすると、脳の海馬という部分が「これは大事な情報なんだな」と判断し、大脳皮質に長期保存します。

スタサプのレッスンは1回が3分ぐらいなので、隙間時間に勉強できます
英会話などの授業は1回が長時間になるので、忙しい人にはハードルが高かったりするのですが、アプリを使うと通勤・通学時や休み時間、寝る前などの隙間時間に勉強できます。
つまり反復的に勉強しやすいツールって訳です。

英語を効率的に習得したいという方は、スタディサプリEnglishを試してみてください。
覚えやすさが桁違いなので、すぐに体感できると思います(まぁ人にもよりますが)。
7日間の無料体験が可能で、その期間に解約すれば料金は発生しません。




人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 前置詞「against」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • 前置詞「out」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

  • ifって4つも使い方があるって知ってた?「もし〜」と英語でいう時は要注意


    続きを読む

  • 前置詞「up」のコアイメージを理解して正しい使い方を覚えよう


    続きを読む

スタディサプリ

スマホからニューヨークを舞台に繰り広げられるドラマストーリーを見ながら、いつでもどこでも簡単に英会話が学べる進化した英語アプリ「スタディサプリENGLISH」が隙間時間の勉強にオススメ!

詳細はコチラ


ブログ運営者

           

Yuki | 旅好きのIT社長

           

外資系コンサルティング会社で3年ほど働いたのち、webマーケティング会社を起業。独学でTOEIC900点を達成したものの、海外に行くたび英会話で上手くコミュニケーションできないのが嫌で、日常的に使える英語を勉強中。リスニングが弱いです。

ブログ協力者

Kei | 小さなニューヨーカー

NYC依存歴15年以上、ニューヨーカーと秒速結婚して移住。移住後は起業したり、離婚&無一文ホームレスになったりとか中々経験できないことを色々経験済。90’ NYCカルチャーとスニーカー好き。経営者として忙しい毎日の中で効率的に英語を覚える方法を研究し、2021年までに目標としている英語力を身につけられるように毎朝4時に起きて勉強しています!朝活の様子はインスタのストーリーで毎日配信しています。

【僕の目標】

日時 目標
2020年7月 「ターゲット1700」の単語と英熟語の暗記
2020年8-10月 「ターゲット1700」の例文の暗記
2020年11-12月 「京大生が書いたイメージで繋がる英熟語
2021年内 「DUO3.0」の単語の暗記/ニューヨーク州〇〇ライセンスを取る

3ヶ月で英語が”ちょっと”聞こえる耳になる勉強法

  • 単語・英熟語(音読法)

    毎日「ターゲット1200」の単語と英熟語を全てを音読して、歌を覚えるように単語を読み上げて、覚えます。「Thank you=ありがとう」と意識しなくても単語や英熟語が変換できるようになると相手の話を理解したり、伝えたいことが伝えられるようになります。

    詳細はコチラ

  • 例文(音読法)

    「単語の意味を頭の中で変換すること」と「覚えた単語を会話内で使いこなすこと」はまた別になります。覚えた単語や英熟語をどのように使うのかを単語帳内で紹介されている例文を丸暗記することで、覚えた単語や英熟語が文章で使えるようになります。

  • 英会話(実践)

    ニューヨークに住んでいるからこそわかるのですが、「中学生英語が出来たら会話ができる」とよく言われますが、これは本当です。あとは覚えた英語をオンライン英会話を利用して実際に使って、自然に使えるようにトレーニングすれば英語脳の完成!

    詳細はコチラ


まずは3ヶ月間頑張ろう!
「英単語音読法」

↑「ターゲット1200」を音読勉強してる時の風景

英語を好きになるにはまず会話の内容がわかるようになる必要があります。

そして、結論を先に言うと相手の話している単語がわかれば全体の内容を把握することが出来ます!日本語でも会話を聞いてる時は会話の単語、単語を頭の中で繋げて会話全体の内容を把握していますが、これはどんな言語でも同じです。 なので、英語嫌いの人は「英単語」をまずは頭に入れることで英語の楽しさを知ることができるので、会話を理解する上で必要な中高生で学ぶ英単語を覚えましょう!

このブログで紹介している「音読勉強方法」は東大や医大生などが実際にやっている最短で英単語を覚える効率的な勉強方法です。この音読勉強方の効果と勉強方法の詳細はコチラで書いています。「Thank you=ありがとう」と意識しずに頭の中で変換されるように、意識しずに覚えた単語や英熟語が変換されるまで毎日音読を続けましょう!

  • 1:英語が苦手な方はスタートはわからない単語がほとんどになりますが、歌を覚える感覚で毎日1700単語全て音読することが目的です。「ターゲット1200」が提供している発音アプリを使うことで簡単に音読勉強がスタートできます。初めは毎日続けるのが辛いですが、頑張りましょう!音読勉強を毎日進めると頭に入らない単語がわかってきますので、わからない単語は単語シートに書いて隙間時間に覚えましょう。(1ヶ月ほど毎日続けると成長を体感することが出来ます)

  • 2:単語と英熟語を覚えることで「会話」を理解することはできるようになりますが、実際に自分の言葉を話すときに覚えた英語が使えるか?と言うと違います。覚えた単語を会話内で活用するためには覚えた単語と英熟語がどのように会話で実際に使われているのかを知る必要があります。そこでオススメなのが「ターゲット1200」のページの左側にある例文を音読して丸暗記する勉強法です。脳に「使い方」を覚えさせることで相手に英語で何か伝えたいときに覚えた単語と英熟語を使いこなすことが出来ます。例文を覚えるには文法も絡んでくるので単語を覚えるよりも時間がかかりますが、音読方法なら必ず暗記することが出来ます。(単語・英熟語→例文の順番で音読しましょう)


「ターゲット1700」丸暗記チャレンジ!

よく「英語の参考書を1冊覚えたら英語力が上がる!」と言われますが、それが本当か、どうかを確かめるために2020年7月から毎朝4時に起床して、英語を勉強する朝活を始めました!僕のインスタグラムのストーリーにて毎日報告していますので、実際に1冊覚えたらどうなるか気になる人はフォローください!
日時 目標
2020年7月 「ターゲット1700」の単語と英熟語の暗記
2020年8-10月 「ターゲット1700」の例文の暗記
2020年11-12月 「京大生が書いたイメージで繋がる英熟語
2021年内 「DUO3.0」の単語の暗記/ニューヨーク州〇〇ライセンスを取る

この英語ブログで紹介してる
教材一覧(Amazon)


日本に住みながら英語環境を
作りたい人向け

僕はニューヨークに住んでいるので英語を日常の中で必然的に英語を話たり、聞いたりする機会があるので、覚えた単語や英熟語を使う機会もありますが、日本在住の方だと難しいと思います。そんな方にオススメなのが「オンライン英会話」と「シャドーイング」です。オンライン英会話は実際に外国人と会話をして英語力をあげる方法と実際に映画の役者になったつもりでニューヨーカーの英語をアプリを使って何度もシャドーイングをする方法の2つがオススメです!アウトプットすることに慣れましょう!