1日1つ覚える英語勉強ブログ

ニューヨークでの離婚とセブ留学をきっかけに始めた英語勉強ブログ



2018/06/05

「会う」を意味する「meet」「meet up」「meet with」の違い

「友達と会う!」と英語で伝えるときに「I’ll meet up with my friend」とネイティブの人はよく使いますが、なぜ「meet」じゃなくて「meet up」を使うかわかりますか?上の例文で「meet up」を使う理由は相手と事前に約束して、会うので「meet up」が使われています。

  • 1:初めて会うから偶然会うまで使える「meet」
  • 2:事前に相手と約束して会う時に使える「meet up」
  • 3:丁寧でフォーマルな表現の「meet with」

今日は「meet」「meet up」「meet with」の3つの使い方を紹介します。当たり前に日常で使う言葉だからこそ、使い分けを覚えましょう!

・初めて会うから偶然会うまで使える「meet」

I met interesting people on my trip.
(面白い人たちと旅で出会ったよ)


「meet」は初めて会う人と「会う」と表現するときにも使えますし、偶然出会った友達のことを話す際にも「会う」と表現するときは使われます。

これからわかるように単品の「meet」は幅広い意味で「会う」という意味が取れます。

2:事前に相手と約束して会う時に使える「meet up」

We’ll meet up at 7pm.
(7時に会おう)


「meet up」は相手と事前に約束して会ったり、偶然会ったりするする際に使われますが、「meet」とほぼ意味合いは同じなのですが、友達と遊ぶ時などは「meet up」の方が使われており、理由としては「相手と事前に約束して会う」ことがほとんどなので友達と遊ぶ時は「meet up」を使った方が自然です。

I’ll meet up with my friend.
(友達と会う)


具体的に誰と会うのか決まっているときは「meet up with」を使います。

3:丁寧でフォーマルな表現の「meet with」

I’ll meet with my doctor.
(医者に会います)


「meet with」は「meet」と同じ「会う」という意味なのですが丁寧でフォーマルな表現の際に使われます。

I met with the accident yesterday.
(昨日事故にあった)


また、思いがけずに事故や困難にあったりする際に「経験する」という意味でも使われます。

このように同じ「会う」を表現する「meet」でも色々な使われ方がされますので、それぞれの特徴を覚えておきましょう!


海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。
サッとKeiがどんな人がイラストで紹介中

中学生英語日記と添削でスキルアップ!

毎日中学生英語を使って自分の言葉を書いて、それを「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」で紹介したコスパが一番良いオンライン英会話ネイティブキャンプで毎日添削してもらっています!一番英語力伸びると言っても過言ではないですよ!


最近ハマってる英語教材...

ネイティブキャンプ

レビューを読む

カテゴリ一覧

人気投稿

  • 基礎中の基礎!人称代名詞の使い方を再度しっかり覚えよう


    続きを読む

  • 第5文型SVOCはこれを覚えておけば問題なし


    続きを読む

  • 感情を言う時?意見を言う時?「I’m bored」と「I’m boring」の使い分け


    続きを読む

  • メガフェップス丸暗記をやめて不定詞 (to do) と動名詞 (~ing)の使い方を紹介


    続きを読む

  • 副詞の使い方って難しいね!副詞の特徴を3つのルールから覚えよう


    続きを読む