中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

30代から英語を隙間時間に効率よく0から身につけたい「英語勉強後発組」向けの英語勉強ブログ



2019/03/06

日本語感覚で覚えない!自動詞と他動詞の違いと見分け方

英語を勉強する上で必ず理解しないといけないのが「自動詞」と「他動詞」です。教科書や授業では「自動詞は後ろに前置詞がつく動詞、他動詞は後ろに目的語がつく動詞」みたいな感じで教えられましたが、英語が苦手な人にはこの説明は不親切です。

この記事では英語が苦手な人がよく間違える「日本語で覚える」のではなく、しっかり英語の基礎を理解しながら自動詞と他動詞の違いと見分け方を学んでもらえればと思いますが、ココで注意なのが動詞によっては「自動詞」も「他動詞」も持つものもあるし、「ニューヨークから出発した」と言う際に「日本語のように(〜から)を表す前置詞「from」が必要」と日本語から自動詞か他動詞かを考えると間違えます。

なので、まずは英語が苦手な人向けに超基礎的な「自動詞」と「他動詞」の説明と見分け方を紹介してから「言い換え」が出来る「自動詞」と「他動詞」を紹介します。

目次[隠す]




Kei
He came (to my house).
(彼が【自分の家に】来た)

自動詞は目的語(O)を必要としなくても文章が成り立つ動詞のことを言い、動詞全体から自動詞の割合を見るとかなり少ないです。

上の場合だと目的語がなくても「He came(彼が来た)」と文章が成り立つように、自動詞の場合は動詞の後ろに「前置詞+名詞」がくることが多いことから自動詞の後ろには目的語を置く場合は、「自動詞の場合は直後に名詞をおく際は前置詞が必要!」と覚えておきましょう!

自動詞の後ろを訳す際に前置詞のコアイメージを知っていると訳しやすいので、前置詞が苦手な方は「Keiが教える中学生でも理解できる前置詞のコアイメージ」の記事を参考に前置詞を覚えてください。

Keiが教える中学生でも理解できる前置詞のコアイメージの記事のアイキャッチ写真

Keiが教える中学生でも理解できる前置詞のコアイメージ

関連記事を読む

他動詞と間違えやすい自動詞

  • ・appear(現れる)
  • ・arise(発生する)
  • ・arrive(到着する)
  • ・come(来る)
  • ・die(死ぬ)
  • ・emerge(出現)
  • ・fall(落ちる)
  • ・go(行く)
  • ・happen(起こる)
  • ・lie(横たわる)
  • ・listen(聞こえる)
  • ・seem(思われる)

他にもwalk, run, swim, fly, sleep, arrive, go, lookなどが「自動詞」に当てはまります。

目次へ戻る




Kei
I bought a new sneaker.
(私は新しいスニーカーを買った)

他動詞は目的語(O)がないと文章が成り立たない動詞のことを言い、動詞全体から他動詞の割合を見るとかなり多いです。実際に多くの有名な塾の講師が「動詞のほとんどが他動詞だと思え!」と言うくらいです。

上の例文の動詞で使われている「buy」には「〜を買う」という意味がある「他動詞」で、他動詞の後ろを目的語を削除すると「I bought(私は、を買った)」と言う意味になり、英語で見ると完全な文章になりません。

他動詞を使う場合は動詞の後ろには前置詞ではなく、目的語が必要になります。

自動詞と間違えやすい他動詞

  • ・oppose(に反対する)
  • ・marry(と結婚する)
  • ・enter(に入る)
  • ・discuss(と討論する)
  • ・approach(にアプローチする)
  • ・reach(にリーチする)
  • ・resemble(と似ている)

他にもhave, make, see, watch, find, hear, buyなどが他動詞に当てはまります。

目次へ戻る


目的語は名詞だけじゃない

「目的語ってそもそも何?」と思う方は「目的語とは日本語の「何」「誰」にあたる言葉」とイメージしてください。

もし、そもそもそ目的語が分からない方は「英語の基礎!第5文型(SVOC)を含む全ての文型を例文付きで紹介します」の記事で英語で必要な要素の説明をしていますので、そちらも合わせてお読みください。

「え?目的語って名詞でしょ?」

と勘違いする人がいますが、名詞が全て目的語になると「I,You,We」のような代名詞も目的語になりますし、目的語の中には「副詞ってどこに置くの?英語の基礎「副詞」の3つの特徴」の記事で紹介してる「副詞」も「どこへ」「いつ」「どのくらい」という意味も目的語に含まれています。

なので、「目的語=名詞」は成り立たないので、目的語の意味が分からない方は「英語の基礎!第5文型(SVOC)を含む全ての文型を例文付きで紹介します」をしっかり読み込んでください。

副詞ってどこに置くの?英語の基礎「副詞」の3つの特徴の記事のアイキャッチ写真

副詞ってどこに置くの?英語の基礎「副詞」の3つの特徴

関連記事を読む

英語の基礎!第5文型(SVOC)を含む全ての文型を例文付きで紹介しますの記事のアイキャッチ写真

英語の基礎!第5文型(SVOC)を含む全ての文型を例文付きで紹介します

関連記事を読む



3:「自動詞」と「他動詞」は言い換えを覚えよう


「正直、「自動詞」と「他動詞」は理解したけど、どうやって使っていいか分からない」と言う方は「get(自動詞) married to」と「marry(他動詞)」のように「自動詞」と「他動詞」で言い換えできる
ことを覚えることから始めましょう!


Kei
I married her.
(私は彼女と結婚した)

上の例文で使われている「married」は「〜と結婚した」という他動詞なのですが、他動詞の場合は前置詞は…いりませんよね?ですが、日本語的な感覚で考えると前置詞の「with(〜と)」を付けてしまいがちですが、「marry」はすでに「〜と結婚する」と言う意味があるので「marry with」にすると「〜とと結婚する」と言う完璧ではない文章になってしまいます。



特に家庭教師のトライが公開している上の動画の最後に紹介されている「自動詞」と「他動詞」で言い換えできる下の4つは覚えておいたほうがいいですね。

〜について話し合う = talk about / discuss
〜と結婚する = get married to / marry
〜に入る = go into / enter
〜と似ている = look like / resemble




ニューヨーク在住の元バイヤー

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり) US永住権保持者兼経営者。ファッション・旅行・英語の3つのブログを運営中。1年に数回に日本一時帰国する際に留学プログラムを提供するEFさん(@efjapan)と共同で「NY移住セミナー」開催しています。毎回合計100名以上の方が参加しており、毎年開催していますので興味ある方はSNSをチェックしてください。



30代の社会人の方で隙間時間に英語を効率よく勉強して、短期間で日常会話に困らない程度の英語力を身につけませんか?


目次[隠す]

どうも、ニューヨーク在住の元バイヤーのKeiです。

ニューヨークへ移住したきっかけは、出会って1ヶ月のアメリカ人とスピード婚したことがきっかけで、英語を勉強し直すきっかけになったのがニューヨークで住む家がなくなってホームレスになって1人でニューヨークに住む際に自分の英語力の低さに危機を感じたことがきっかけです。

もう少し詳しい自己紹介は「Keiの自己紹介」に書いてありますので、合わせてお読みください。

ホームレスになった時に「本当にガチで英語勉強しないと生きていけない」って思った瞬間があって、それがきっかけで「英語をやる目的」は出来たのですが元々勉強が苦手な自分が隙間時間に英語を自己流で勉強しても短期間で英語力を伸ばすのは難しいので、現役の医大生や有名国立大学に短期間で英語力が伸びる効率的な英語勉強法をすることにしました。

1:30代の忙しい人向け!効率の良い英語勉強法

まずは英語を勉強する基本として文章全体を理解するための「英文法」と「単語力」を覚える必要があります。

日本語も同じなんですが言語って基本的な文法を理解して、単語量があれば会話の全体像は理解できます。なので、まずは「英文法」と「単語力」を鍛え、単語帳1冊の単語量が頭に入ったらイディオムを覚えます。そして、英語アプリ部門1位の英語アプリ「スタディーサプリ」を使って日常英会話を覚え、最後にオンライン英会話を利用して発音を直したり、英文の添削などをして英語力を上げるのが一番効率的な英語勉強方法かと思います。

目次へ戻る

2:隙間時間に効率よく英語を習得する方法

英語も全く話せない状態でニューヨークに移住してしまったほど英語が苦手な自分が、どうやって英語を習得していくかをこのブログで紹介して、足跡を残そうと思います。

また、英語の習得は時間を費やせば短期間で得られるものではなく、論理的に勉強すれば短時間でも効率よくやることで英語力を伸ばすことができます。なので、このブログで紹介している英語勉強法は医大や有名大学に現役合格した勉強のスペシャリストの論理的な勉強法なので是非参考にしてください。

目次へ戻る

1:音読で英単語を覚える

英単語を勉強すると言うとノートに向かって単語を書きなぐるのが一般的な英語勉強法ですよね?自分も「ニューヨーク在住の英語が苦手な男が英語勉強ブログを約3ヶ月運営して気づいた「自分の英語勉強法」」の記事で書いていますが、ノートに毎日単語を200単語くらい2時間以上かけて書き殴っていましたが正直単語力は時間を費やした割に覚えていませんでした。

どうすれば英単語が効率よく覚えれるか悩んでる時に出会ったのが東大法学部テストを一夜漬けでクリアした小林さんが運営する受験勉強やキャリアに関する情報配信Youtube「CASTDICE TV」でアップされていた「短期間で大量の英単語を覚える方法」でした。

自分は騙されたつもりで手元にある「ターゲット1700」の単語帳を毎日朝3時に起きて全単語を音読することにしました。それについては【体験談】1ヶ月毎朝3時に起きて英単語の音読が効果が出るかやってみたの記事で紹介しています。

実際ノートへの書きなぐりも音読も1ヶ月以上やってみて確実に言えるのが、音読の方が何倍も効率よく英単語覚えますね!

初めの頃はわからない単語があっても無視して、そのまま続ける際に「あんな難しい単語覚えるのかな?」と不安がありましたが、音読回数10周を超えると「あれ?この単語ってあれだ」と言う感じで少しずつ難しい単語も覚えていきますし、どうしても覚えれない単語は単語シートに書いて隙間時間に目を通しています。

目次へ戻る

2:基本的な英文法を覚える

「主語」「動詞」「形容詞」「名詞」「副詞」などの英語を読む上で英文法を理解しないとカタコトの英語になってしまいます。ニューヨークは移民の街ということもあり「ニューヨーカー英語(カタコトの英語)」でも日常で不便を感じることはありませんが、せっかく英語を勉強するなら正しい英文法で話す方がいいですよね?

先ほどと同じ東大法学部テストを一夜漬けでクリアした小林さんが運営する受験勉強やキャリアに関する情報配信Youtube「CASTDICE TV」の動画でも中学生、高校1年生、2年生の英文法基礎ができてないのに問題集を解いても時間がかかるだけです。なので、自分のように英文法の基礎ができない人はまずは基礎から勉強しましょう。

英文法などの基礎については後日またまとめた記事を公開します。

目次へ戻る

3:イディオムを覚える

ニューヨークに住んでいると簡単な単語のイディオムの組み合わせをよく会話の中で耳にしますが、これも単語を勉強するときに単語帳に単語の意味の紹介文と一緒に紹介されていることがあります。例えば「in short(要するに)」というように単語1つ1つの意味を知っていても、単語の意味からだけでは訳せないことはたくさんあります。

自分が使っている「ターゲット1700」にはイディオムも400個含まれているので単語の勉強と一緒に勉強していましたが、イディオムはたくさん知っているに越したことがないので、ある程度単語と英文法を勉強したらイディオムを覚えるのはオススメします。

目次へ戻る

4:日常会話をアプリで覚える

イディオムと一緒に始める時間があるなら日常会話が勉強できる英語アプリなどを使って英語力を上げることをオススメします。

この勉強レベルまで行った際には「単語力」と「英文法知識」があるので文章全体のイメージは理解できますし、間違えたとしても間違えた原因と理解した上で答えを学習できる力がついています。

ちなみに自分も使っている「スタディーサプリ」という英語勉強アプリは英語勉強著書50冊以上、合計130万部を突破した慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業し、20年以上予備校講師として英語教育に携わっている英語教師のスペシャリスト「関先生」などのスペシャル講師陣が英語を教えてくれます。「単語力」と「英文法知識」があればこのアプリを使って楽しく英語を勉強することができますよ。

目次へ戻る

5:オンライン会話を利用する

ここまでの勉強法は他人と話す機会がない英語勉強法だったので、頭に英語が入っていたとしても、実際に口に出したりしてないので英語を話すことが出来ません。実際に知り合いたの東大の学生がニューヨークに遊びに来た時も「何を話しているかわかるけど、話すことが出来ない」と悲しそうな顔をしていた。

アウトプットが苦手な日本人ならではの悩みかもしれないが、英語は話せるようになって初めて「英語が話せる」と言える。

それに発音の際の筋肉の使い方や舌の使い方が日本語と英語では大きく異なるため、発音を間違えて覚えている場合もあるので英語の先生に発音を矯正してもらった方が綺麗な英語になります。自分が利用してる「ネイティブキャンプ 」は予約不要で毎日何回でもオンライン授業が受け放題で月額6000円以下と破格な料金です。

目次へ戻る

英語の勉強で使った教材とサービス

中学生レベルの英語力から英語を勉強し始めた自分が実際に使った英語基礎から学べる英語教材やサービスを紹介します。

どの英語教材もサービスも短期間で英語を0から勉強したい時間がない社会人の方にもオススメできるものなので、是非今から英語を勉強しようと思っている方は参考にしてください。

目次へ戻る

英語の勉強で使っている教材

Amazonで購入した教材
単語 ターゲット1700 918円 購入
単語 DUO 3.0 1,296 円 購入
英文法 一億人の英文法 1,944円 購入
英文法 大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎編】 1,080円 購入

目次へ戻る

特にオススメの英語教材やサービス

おすすめ英単語本

Keiが使ってる英単語本

英単語ターゲット1200

中学生英語は英語の基本です!中学生英語を理解しないまま、ニューヨークに移住して、英語の壁に何度もぶち当たって、何度も英語から逃げた経験者が言うので間違い無いです。なので、英語のスキルが欲しい人はまずは中学生英単語を勉強しましょう。


Keiが思うメリット

中学生英単語なので日常でも見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」と思うような英単語ばかりなので、ストレスなく英語単語が勉強できます。また、ニューヨークに住んでわかったのが日常会話で使う英語は中学生英語が理解できれば大体は理解できますので、英語のスキルが欲しいならまずは中学生英単語です!

Keiが思うデメリット

英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。もし通勤時間などの隙間時間に英語の勉強がしたい人はこの「英単語ターゲット1200」は単語アプリがあるので、そちらを活用しましょう!

目次へ戻る

スマホで出来るおすすめ英会話

7日間無料体験付き

Keiも利用中のサービス

スタディサプリENGLISH

スマホで英語の勉強をするならリクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」がおすすめです!日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!


Keiが思うメリット

ニューヨークに移住して英語を勉強する際に「日本人が勉強しやすい英語勉強法ってなんだろう?」と色々考えた結果、日常会話で実際に使っているシーンを想像しながら勉強することだと最近気付きました。この「スタディサプリENGLISH」ではファイナルファンタジーや逆転裁判のシナリオ製作を手がけたジンテーゼ社がレッスンのストーリーを作っており、ニューヨークで生活する中でも「あ!この表現使う!」と思うフレーズが多いので勉強しやすいです。

また、1日33円で生きた英語がスマホから勉強できるのは隙間時間の使い方としてはピッタリです!

Keiが思うデメリット

正直デメリットが見つかりません。

強いていうなら、1日33円の費用がかかるくらいですが、これほど生きた英語がストーリー仕立てで見られるのを考えるとめちゃくちゃ安いです。それに予約不要でレッスンを好きなだけ受けられて日常英会話とビジネス英会話の両方がスマホから勉強できる英会話サービスなんて聞いたことありません。

目次へ戻る

おすすめオンライン英会話

7日間無料体験付き

Keiも利用中のサービス

ネイティブキャンプ

もしあなたが自分と同じように英語圏国民のような完璧な英語を習得したいのではなく、スタートラインである中学生英語(約1500程度の英単語)を軸に、確実に相手の話す内容が理解出来るように、 自分の意思が相手にしっかり伝わる英語「グローバルイングリッシュ」を身に付けたいなら自分も利用中の「ネイティブキャンプ」がオススメです!


Keiが思うメリット

多くの先生がフィリピン人の方で国柄から「優しい」教え方をしてくれるのでストレスなく1日何度でも無制限で授業が受けれるので、時間が空いた数十分の間にスマホアプリから授業を受けることがよくあります。また自分自身が授業を受けてみてわかったのが、様々な年齢の先生から先生を選ぶ際は話があうのと、同年代の話し方を覚える意味でも自身の年齢に近い先生を選ぶのがオススメなのと、英語に慣れてきたら自分自身もやっている「英語日記添削」をしてもらうと英語スキルが一気に伸びます。

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

Keiが思うデメリット

時間によっては常駐してる先生の数が10名前後と少ないので、あなたのお気に入りの先生が見つからない可能性もあります。また初めは英語を話すのが恥ずかしいかもしれないですが、英語を話せるようになるためには英語で話す慣れは大切です。毎日勉強した量だけがあなたのスキルになることを忘れないように!

目次へ戻る

NewYorker English|管理人情報

管理人のKeiです。

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり) US永住権保持者兼経営者、元スニーカーバイヤー。イケてる30代になりたい人向けのブログ運営中(月間35万PV)。NYのショップや新作情報をツイートなう。会員サービス→ http://urx.red/pdW5 自己紹介→ http://urx.space/OpXi

自己紹介


人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 「〜にとって」を意味する前置詞「for」と「to」の違い


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む

  • 「a few/a little」の違いと「a」がない場合と「few/little」の使い方の違い


    続きを読む

スタディサプリ

日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題!AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!

7日間無料でお試しはコチラ