1日1つ覚える英語勉強ブログ

ニューヨークでの離婚とセブ留学をきっかけに始めた英語勉強ブログ



2018/06/07

「He is good person」と「He is being good person」の違い知ってる?

ネイティブキャンプで差別についての日記の添削をしてもらった中で不思議な文面を見つけた。


受け身の文章なのに受け身になってないのは置いておいて「I saw how they were being discriminated by other people.」の文章でも「they were being discriminated」と「主語+is/are being+形容詞」の形が使われています。

けど、なんで「were」ではなく「were being」が使われているかわかりますか?

  • 1:主語+is/are+形容詞(人の性格や性質を表す)
  • 2:主語+is/are being+形容詞(人のその時の状態を表す)

この記事ではもう少しわかりやすいように説明するために「He is good person」と「He is being good person」の違いを紹介したいと思います。

1:主語+is/are+形容詞(人の性格や性質を表す)

He is good person.
(彼は良い人です)


上の例文の形は「主語+is/are+形容詞」で人の性格や性質を表す場合に使われる表現方法になり、「It is nice(それ良いね)」など日常生活でもよく使われる形になります。

2:主語+is/are being+形容詞(人のその時の状態を表す)

He is being good person.
(彼は今はいい人です)


「主語+is/are being+形容詞」の場合は通常はそうではないけど、一時的にとっている行動を表現するときに使われます。なので、「He is being good person」と言うと普段は良い人じゃないけど、一時的に良い人と言いたいときに使える表現方法です。

なので、日記でもしも、

I saw they were discriminated by other people.
(彼らが差別を受けているのを見た)


と書くと毎日差別を見ていると勘違いされますが、

I saw they were being discriminated by other people
(彼らが差別を受けているのを(一次的に)見た)


と書くと一次的にその瞬間差別されている彼らを見たと言う意味になります。毎日差別されているのを見ていたわけじゃないので「主語+is/are being+形容詞」の形の表現方法が正しいですね。


海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。海外バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」運営中($10/月額)。毎年会員さんと日本国内でご飯会したり、海外に一緒に旅行に行ったりして遊んでいます。
サッとKeiがどんな人がイラストで紹介中

中学生英語日記と添削でスキルアップ!

毎日中学生英語を使って自分の言葉を書いて、それを「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」で紹介したコスパが一番良いオンライン英会話ネイティブキャンプで毎日添削してもらっています!一番英語力伸びると言っても過言ではないですよ!


最近ハマってる英語教材...

ネイティブキャンプ

レビューを読む

カテゴリ一覧

人気投稿

  • 基礎中の基礎!人称代名詞の使い方を再度しっかり覚えよう


    続きを読む

  • 第5文型SVOCはこれを覚えておけば問題なし


    続きを読む

  • 感情を言う時?意見を言う時?「I’m bored」と「I’m boring」の使い分け


    続きを読む

  • メガフェップス丸暗記をやめて不定詞 (to do) と動名詞 (~ing)の使い方を紹介


    続きを読む

  • 副詞の使い方って難しいね!副詞の特徴を3つのルールから覚えよう


    続きを読む