中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログのロゴの画像

中学生英語を使ったニューヨーク旅行中や出会った友達との会話で使える「ニューヨーカー英語」が勉強できるブログ



2018/09/10

メガフェップス丸暗記をやめて不定詞 と動名詞の基本的な使い方を覚えよう

英語を勉強する上で以下の「目的語に動名詞しか取らない動詞全13個(megafeps(mind, escape, give up, avoid, finish, enjoy, practice, stop)」を丸暗記して覚える方がいますが、

  • 1:mind
  • 2:escape
  • 3:give up
  • 4:avoid
  • 5:finish
  • 6:enjoy
  • 7:practice
  • 8:stop

この上の動詞以外にも動名詞として使う動詞はありますし、中には「to do」の不定詞しか取れない動詞など文章により動名詞と不定詞を使い分けないといけません。この記事では自分自身も苦手な動名詞の使い方を紹介してから、不定詞と動名詞の使い分けについて紹介します。



動名詞の使い方

Kei
Collecting sneakers is my hobby.
(スニーカーを集めることが私の趣味です)

動名詞は「〜すること」を意味し、文中では名詞と同じ働きをするので、主語・補語・目的語のいずれかになります。

そして、上の例文のように動名詞が主語で使われる場合は「〜することは」「〜することが」と訳され、

Kei
My hobby is collecting sneakers.
(私の趣味はスニーカーを集めることです)

上の例文のように動名詞が補語になる場合は、「〜すること」と訳され、

Kei
I like collecting sneakers.
(スニーカーを収集することが好きです)

最後に上の例文のように動名詞が目的語になる場合は「〜することを」「〜することが」と訳され、目的語で使われる場合は「主語+動詞+動名詞+〜」の形で使われます。

I’m sure of my (me) winning the race.

動名詞を使う上で注意なのが、動名詞句の主語と全体の主語が同じ場合は動名詞の主語を表示してはいけないルールがあることです。

例えば上の例文では「winning the race」の部分が動名詞の主語の役割をしているので、

Kei
I’m sure of winning the race.
(私は私がこのレースで勝つことを確信している)

という意味になり、自分自身のレースの話をしているので「my(me)」を置く必要がありません。

Kei
I’m sure of his(him) winning the race.
(私は彼がこのレースで勝つことを確信している)

ですが、上の例文のように自分以外が主語になっている場合は別の主語を置くことが出来ます。

なので、主語と動名詞が同一人物でしたら、動名詞句の前に主語をつけちゃダメなことを覚えておきましょう。

前置詞の後ろは動名詞のみ

Kei
My friend is interested in going to NY.
(友達はニューヨークに行くことに興味がある)

前置詞と共に用いる動詞の後に動詞を起きたい場合は、必ず動詞を動名詞に置き換えなければなりません。

よく使われる前置詞と動名詞の組み合わせは以下になります。

  • 1:be afraid of~(~を恐る)
  • 2:be interested in~(~に興味がある)
  • 3:insist on~(~を強く主張する)
  • 4:be proud of~(~を誇りに思う)
  • 5:be ashamed of~(~を恥じる)

上の前置詞と動名詞の組み合わせを見ると受動態の形が取られているケースがあることに気付いた方はGood!

Kei
I am proud of him coming to NYC.
(私は彼がニューヨークに来たことを誇りに思います。)

受動態は「be+過去分詞」という型を用いて「~される」という文のことです。


動名詞と不定詞の使い分け

  • 1:動名詞の前に置く動詞
  • 2:不定詞の前に置く動詞
  • 3:動名詞も不定詞も両方に置ける動詞

不定詞と動名詞を使う場合は前に置かれる動詞で判断することができるのですが、「英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話」で教えてもらっている先生には文章全体が「未来の話」か「過去の話」を意識すると不定詞と動名詞のどちらを使えばいいかわかると教えてもらいました。

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話の記事のアイキャッチ写真

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

関連記事を読む

Kei
I want to go to that sneaker shop today.
(今日あのスニーカーショップに行きたい)

Kei
I practice playing soccer.
(サッカーをする練習をする)

上の二つの例文を見てどちらが未来の話、過去の話をしてるかわかりますか?正解は(1)が未来の話、(2)が現在と過去の話です。

この違いについて説明すると不定詞で使われる「to」には未来に向かっているイメージとして「~に向かっている」「これから~する」という未来的なイメージがあり、動名詞の「〜ing」には「~し続ける」という繰り返しや前に進んでいない過去的なイメージがあります。

なので、動名詞=過去の話/マイナスなイメージを理解した上で下の動名詞の動詞を見ると過去や繰り返し、マイナスのイメージを持つ動詞の後ろに「〜ing」が来てることがわかります。

1:動名詞の前に置く動詞

Kei
I gave up buying this sneaker.
(このスニーカーを買うのを諦めました)

動名詞の前に置くことができる動詞は「~し続ける」という繰り返しや前に進んでいない感覚があるので、過去や繰り返す意味合いが含まれています。

  • 1:mind ~ing(~するのを気にする)
  • 2:escape ~ing(〜から逃れる)
  • 3:give up ~ing(~するのを止める)
  • 4:avoid ~ing(~するのを避ける)
  • 5:finish ~ing(〜するのを終わりにする)
  • 6:enjoy ~ing((何度も何度も)~するのを楽しむ)
  • 7:practice~ing((何度も何度も)~を練習する)
  • 8:stop ~ing(~するのを止める)

2:不定詞の前に置く動詞

Kei
I decide to buy this sneaker.
(このスニーカーを買うことを決めた)

不定詞の前に置くことができる動詞は未来に向かっているイメージとして「~に向かっている」「これから~する」という未来的な意味合いが含まれています。

  • 1:want to~(~をしたい)
  • 2:hope to~(~を望む)
  • 3:decide to~(~を決める)
  • 4:expect to~(~を期待する)
  • 5:promise to~(~を約束する)

3:動名詞も不定詞も両方に置ける動詞

Kei
I stopped buying a sneaker.
(スニーカーを買うのをやめました)

Kei
I stopped to buy a sneaker.
(スニーカーを買うために立ち止まりました)

動名詞は不定詞に書き換えできる場合が多いですが、中には意味が大きく変わってしまう場合があります。この時も未来の話をしているのか過去の話をしているのかを注意すると動名詞と不定詞のどちらを使えばいいか見分けることが出来ます。

  • ・remember to~「これから~するのを覚えている」
    ・remember ~ing「~したことを覚えている」
  • ・forget to~「これから~するのを忘れる」
    ・forget~ing「~したことを忘れる」
  • ・try to~「これから~しようとする」
    ・try ~ing「実際に~してみる」
  • ・stop to〜「〜を辞める」
    ・stop ~ing〜「〜するために立ち止まる」

動名詞も不定詞も会話でよく使う表現なのでしっかり覚えておきましょう!



海外トレンド調査ブロガー

NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY好きの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

こんな人が参考になる英語勉強サイトです

  • ニューヨーク旅行帰りで英語を勉強したい方

  • 中学生英語から勉強し直したい社会人の方

  • 英語の勉強に何度も挑戦して失敗している方


スマホで出来るおすすめ英会話

7日間無料体験付き

Keiも利用中のサービス

スタディサプリENGLISH

スマホで英語の勉強をするならリクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」がおすすめです!日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話が「勉強しやすい!」と話題になり、AppStore教育カテゴリランキング1位を受賞しました!実際に1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が多く、自分自身も日常会話で使えるフレーズが多いので毎日このアプリを使って勉強しています!


Keiが思うメリット

ニューヨークに移住して英語を勉強する際に「日本人が勉強しやすい英語勉強法ってなんだろう?」と色々考えた結果、日常会話で実際に使っているシーンを想像しながら勉強することだと最近気付きました。この「スタディサプリENGLISH」ではファイナルファンタジーや逆転裁判のシナリオ製作を手がけたジンテーゼ社がレッスンのストーリーを作っており、ニューヨークで生活する中でも「あ!この表現使う!」と思うフレーズが多いので勉強しやすいです。

また、1日33円で生きた英語がスマホから勉強できるのは隙間時間の使い方としてはピッタリです!

Keiが思うデメリット

正直デメリットが見つかりません。

強いていうなら、1日33円の費用がかかるくらいですが、これほど生きた英語がストーリー仕立てで見られるのを考えるとめちゃくちゃ安いです。それに予約不要でレッスンを好きなだけ受けられて日常英会話とビジネス英会話の両方がスマホから勉強できる英会話サービスなんて聞いたことありません。

おすすめオンライン英会話

1ヶ月無料体験付き

Keiも利用中のサービス

ネイティブキャンプ

もしあなたが自分と同じように英語圏国民のような完璧な英語を習得したいのではなく、スタートラインである中学生英語(約1500程度の英単語)を軸に、確実に相手の話す内容が理解出来るように、 自分の意思が相手にしっかり伝わる英語「グローバルイングリッシュ」を身に付けたいなら自分も利用中の「ネイティブキャンプ」がオススメです!


Keiが思うメリット

多くの先生がフィリピン人の方で国柄から「優しい」教え方をしてくれるのでストレスなく1日何度でも無制限で授業が受けれるので、時間が空いた数十分の間にスマホアプリから授業を受けることがよくあります。また自分自身が授業を受けてみてわかったのが、様々な年齢の先生から先生を選ぶ際は話があうのと、同年代の話し方を覚える意味でも自身の年齢に近い先生を選ぶのがオススメなのと、英語に慣れてきたら自分自身もやっている「英語日記添削」をしてもらうと英語スキルが一気に伸びます。

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コスパが良いと思った実体験の話

Keiが思うデメリット

時間によっては常駐してる先生の数が10名前後と少ないので、あなたのお気に入りの先生が見つからない可能性もあります。また初めは英語を話すのが恥ずかしいかもしれないですが、英語を話せるようになるためには英語で話す慣れは大切です。毎日勉強した量だけがあなたのスキルになることを忘れないように!

おすすめ英単語本

Keiが使ってる英単語本

英単語ターゲット1200

中学生英語は英語の基本です!中学生英語を理解しないまま、ニューヨークに移住して、英語の壁に何度もぶち当たって、何度も英語から逃げた経験者が言うので間違い無いです。なので、英語のスキルが欲しい人はまずは中学生英単語を勉強しましょう。


Keiが思うメリット

中学生英単語なので日常でも見たことある英単語から「え!これってこんな簡単な単語で表現できるんだ」と思うような英単語ばかりなので、ストレスなく英語単語が勉強できます。また、ニューヨークに住んでわかったのが日常会話で使う英語は中学生英語が理解できれば大体は理解できますので、英語のスキルが欲しいならまずは中学生英単語です!

Keiが思うデメリット

英語の勉強は毎日やらないといけないので英語を勉強する習慣を作る必要があります。もし通勤時間などの隙間時間に英語の勉強がしたい人はこの「英単語ターゲット1200」は単語アプリがあるので、そちらを活用しましょう!


NewYorker English|管理人情報

管理人のKeiです。

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり)旅行とファッション集客に特化したWebマーケティングが得意。バイヤー経験とNYでの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

自己紹介

> 有料会員限定記事はコチラ


人気投稿

  • 混乱しやすい「It…to構文」と「It…that構文」の使い分け


    続きを読む

  • 「Come back」と「Go back」の違いを改めて勉強し直そう


    続きを読む

  • 「それで」「だから」「なので」と英語で伝えたいの接続語を覚えよう


    続きを読む

  • 「Why don’t you」と「Why don’t we」を使い分けて英語力をあげよう


    続きを読む

  • 「Because」を使うときに「カンマ」を使う場合と使わない場合の違い


    続きを読む

自分のレベルに合わせて、英語を話す、聴く力を伸ばしたい方向け

日本人の英語を知り尽くしたトップクラスレベルの講師陣がドラマ仕立てで使える日常英会話を紹介!1日33円からできる手軽さと毎日たった2分のレッスンで3ヶ月以内で効果を感じる人が続出のスマホから利用できる英会話サービス「スタディサプリENGLISH」はおすすめです!

7日間無料でお試しはコチラ